朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地(撮影場所)は沖縄県やんばる地方「国頭村」です!

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地の画像おひとり様ブログ
朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地の画像

 

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地(撮影場所)

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地は?

2022年度前期のNHK連続テレビ小説・朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地は沖縄県やんばる地方、森と水とやすらぎの里「国頭村」です。那覇空港から車で約4時間弱です。ロケ地の国頭村は、沖縄本島最北端の自治体で名護市から北東に約30kmの位置に村役場があり、面積の23%を、米国海兵隊の訓練場が占めています。

 

那覇空港からは沖縄自動車道を使って名護市まで車で約70分、最北端の辺戸岬までは約2時間半。合計車で4時間位かかるのでなかなか行けませんね。

 

沖縄県の最北端に位置する国頭村(くにがみそん)、本村と、隣接する大宜味村、東村にまたがる『やんばるの森』は、2016年に「やんばる国立公園」に指定されました!ヤンバルクイナをはじめ希少な固有種が暮らす生物多様性豊かなこの地域は、世界自然遺産登録を目指しています。

 

撮影場所

ロケ地、撮影場所は広い田園風景やサトウキビ畑は沖縄県国頭郡今帰仁村、綺麗なビーチを歩く所と街中の撮影は名護市内で行われる予定です。

 

撮影・クランクイン予定

語り:沖縄出身のジョン・カビラ

演出:木村隆文、松園武大、中野亮平

2021年秋頃クランクイン予定。

内容

主人公の比嘉暢子(ひが のぶこ)役の黒島結菜は、沖縄本島北部「やんばる地方」の「国頭村」のサトウキビの農家の4人兄弟の次女として生まれてマイペース明るく育つ役を演じます。自分のレストランを開業する為に頑張る姿を描き、家族の絆を深めていく物語。

 

 

2022年NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』ロケ地

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地は沖縄「国頭村」とは?

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地は沖縄「国頭村」とは?

 

沖縄県「国頭村」とは?

 

ロケ地の「くにがみそん」は、村域の95%が森林で、貴重なヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなどの動物が生息している。しかし人為的に移入されたノネコやジャワマングースによってヤンバルクイナなどが捕食および生息数の減少が問題となっています。

「やんばる」とは沖縄本島北部のエリア(大宜味村、東村、国頭村など)のことを指し、大自然の多く残る場所を沖縄の方言で「やんばる(山原)」と呼んでいます。

少し前までは「やんばる=何もない」というイメージが強かったエリアですが、近年では自然の宝庫と言われ、沖縄で最も注目を集めるエリアへと発展しました。

 

 

「国頭(くんじゃん)物語」の映像

激動の歴史を経た今、「やんばるの森」の世界自然遺産登録を目指しています。
ここは、希少で多彩な野生生物と力強く知恵深い先人達の生きた証が見られる”奇跡の森”です。
その魅力と奥深さを次の世代に残していけるよう、村制110周年を記念して「やんばる(山原)の森」を語り部に「国頭(くんじゃん)物語」を映像にしてみました。過去に思いを馳せながら、国頭村の未来を思い描いて下されば幸いです。」

沖縄県の国頭村を紹介する動画

沖縄県の国頭村を紹介する動画です。 世界自然遺産の登録候補地となっているやんばるの森の歴史や文化を中心に紹介します。『やんばる』になりきっている二人の語りが癒されるのでおすすめです!

 

国頭村紹介動画(国頭物語)村制110周年記念動画

(10分47秒)

国頭村 紹介動画(国頭物語) 村制110周年記念動画

 

【公式】国頭村(くにがみそん)HP

 

国頭村
森と水とやすらぎの里 国頭村

 

国頭村をふるさと納税で応援しよう!

【公式】ふるさと納税ページはこちら

楽天「沖縄県国頭村」ふるさと納税

沖縄県国頭村〒9051495 沖縄県国頭村字辺土名121

くんじゃんとは?

沖縄の最北端、国頭(クニガミ)と呼ばれる地域を沖縄の⽅⾔では『くんじゃん』と呼びます。 その『くんじゃん』を含む広範囲を『やんばる』と呼んだりします。

★三愛牧場で育てられるくんじゃん豚 

⼈⾥離れた⾃然豊かな三愛牧場は、まぶしい太陽、美味しい⽔、綺麗な空気が整っており神経質な豚にとって、と ても好環境でストレスが少なく育つため、しっかりした上品な⾁質に仕上がり、⽢みがあり味わい深く光沢のある 美しい桜⾊をしています。

国頭村をふるさと納税で応援!

国頭村をふるさと納税で応援!

楽天【公式】「沖縄県国頭村」ふるさと納税のページ

 

沖縄の”限界集落”に突撃する【国頭村与那】

限界集落という言葉を初めて知り、沖縄にもあるかと疑問を思い調べてみた。そうすると沖縄県国頭村与那という地域の情報があり行ってみることにした!

 

沖縄の"限界集落"に突撃する【国頭村与那】

 

『ちむどんどん』ロケ地の場所とは?

 

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地

「ちむどんどん」ロケ地の場所とは?

 

「やんばる」とは沖縄本島北部のエリア(大宜味村、東村、国頭村など)のことを指し、大自然の多く残る場所を沖縄の方言で「やんばる(山原)」と呼んでいます。

「やんばる」は沖縄本島北部の山や森林など自然が多く残っているエリアです。昔から「やんばる」と呼ばれ親しまれていましたが、2016年に国立公園に指定されてからは観光に訪れる人も増え、ますます人気のエリアになりました。

★詳しいブログがあったので紹介します。

JTB「やんばる」沖縄ツウ好みの観光をご紹介

沖縄本島北部エリア「やんばる」の楽しみ方

 

那覇から国頭村への行き方(アクセス)

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地「国頭村」の地図

朝ドラ『ちむどんどん』ロケ地「国頭村」の地図

 

■那覇から車で3時間~約4時間弱です。
●レンタカー(車)の場合

・西海岸:国道58号線
・東海岸:国道329号線~331号線~県道70号線
・沖縄自動車道(那覇IC~許田IC)経由国道58号線で約2時間
・一般道で約3時間

●高速バス
・那覇空港~那覇バスターミナル~名護バスターミナル
・問合せ先:バスサービスセンター(098-867-7386)

●路線バス
・67番(辺土名線)名護バスターミナル~辺土名(琉球バス・沖縄バス)
・問合せ先:バスサービスセンター(098-867-7386)

●村営バス
楚洲~伊部~安田~安波~辺土名
楚洲~安田
伊部~安田
安田~安波
問合せ先:国頭村役場(0980-41-2101)

●グーグルマップ

Google マップ

 

朝ドラ『ちむどんどん』キャスト

 

『ちむどんどん』キャスト

主人公は黒島結菜(くろしま ゆいな)と発表がありました。その他のキャストや相関図は未だ秘密です。母親役と恋人役のキャストがポイントですね。

 

朝ドラ『ちむどんどん』物語(ストーリー)

 

比嘉暢子(ひが のぶこ)役の主人公の女優の黒島結菜は、沖縄本島北部「やんばる地方」の「国頭村」のサトウキビの農家の4人兄弟の次女として生まれてマイペース明るく育つ役を演じます。食べる事と体を動かす事が大好きな比嘉暢子(ひが のぶこ)は、小学校の幼い時にお父さんが亡くなったの比嘉家の料理を子供の頃から母親を助けて作ります。高校を卒業後に西洋料理の勉強の為に本土の東京のレストランに働きに行きます。その時に好きな相手と出会い泣き笑い、自分のレストランを開業する為に頑張る姿を描き、家族の絆を深めていく物語。

 

「黒島結菜」(くろしま ゆいな)とは?

1997年生まれ。沖縄県出身。デビュー以来、映画やドラマ、CMなどで着実に存在感を示し、若手女優のホープとして注目を集める。NHKでも、2014年のドラマ『孫のナマエ~鷗外パッパの命名騒動7日間~』をはじめ、連続テレビ小説『マッサン』『スカーレット』、大河ドラマ『花燃ゆ』、土曜ドラマ『夏目漱石の妻』など多数のドラマに出演。2015年、NHK広島放送局制作の『一番列車が走った』では阿部寛とともに主演を務め、高い評価を集める。土曜時代ドラマ『アシガール』で、主人公の速川唯/唯之助役としても活躍。

 

黒島結菜 | Sony Music Artists

 

黒島結菜 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

 

 

朝ドラ『ちむどんどん(チムドンドン)』の意味は?

 

『ちむどんどん』の意味は、沖縄の方言「しまくとぅば(島言葉)で、「胸がドキドキする」といった意味を指します。現地では日常会話としてよく使われる言葉です。「胸」は「チム」、「ドンドン」は胸が高鳴ってドキドキと脈を打っている音を表しています。

「胸がドキドキする」=「チムドンドン」という言葉です。胸がドキドキするって意味。 お祭りとか興奮した時などにも使います。

 

 

人気記事

 

★おひとり様TV「あさイチ」情報はこちら

 

★おひとり様TV「おすすめ!人気のサブスク比較」情報はこちら