今さら聞けない!感染予防、マスクの素材別の選び方や効果は?

引用:豊橋技術科学大学お役たちTV情報
引用:豊橋技術科学大学

 

マスクの素材別の選び方

引用:豊橋技術科学大学

引用:豊橋技術科学大学

コロナウイルス飛沫感染に関する研究

国立大学法人豊橋技術科学大学からのプレスリリースでは、「マスクの効果と歌唱時のリスク検討」として、スーパーコンピュータ富岳を用いた研究結果が掲載されています。マスクの種類とその効果について、具体的な数値が挙げられています。

 

https://www.tut.ac.jp/docs/201015kisyakaiken.pdf

 

【マスクのサブスク比較】

2021年最新のマスクのサブスク比較!おすすめマスク定期便は?

 

 

新型コロナの感染予防、どの素材のマスクが最適?

新型コロナウイルスに対するマスクの感染防御効果を検討した最近の研究によると、マスクを使用すると感染リスクが0.15倍になるということがわかったのです。

素材の織り方によっても、素材の性質によっても、ウイルスがくっついた飛沫を捉える機能に差があるということです。

マスクは素材によっては静電気が蓄えられています(静電容量)。マスクを洗うと、蓄えられていた静電気の量が減り、機能が下がってくるという研究結果があります。つまり静電気が飛沫を捕まえるのです。

 

新型コロナの感染予防、どの素材のマスクが最適? 布マスクやバンダナの効果は?

 

 

 

マスクの素材別の効果

新型コロナウイルス禍、「新しい生活様式」の実践において、日常的にマスクを着用することが求められています。マスクの着用について様々な団体やSNSにおいて多種多様な情報が発信されていますが、それらの中には根拠のない情報が含まれています。そこでマスクの効果や選び方・注意点について国内ドラッグストア大手の株式会社スギ薬局 医薬品情報室の岡田 啓 先生にお話しをお伺いしました。

 

感染防止のためのマスクの効果・選び方・注意点