【AI婚活×地方自治体】成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は?

【AI婚活×地方自治体】成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は?おひとり様ブログ
【AI婚活×地方自治体】成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は?

政府は2021年から、少子化対策の一環として、人工知能(AI)やビッグデータを活用した地方自治体の婚活支援事業を支援する予定。一部自治体でAIやビッグデータを活用した人工知能 が結婚相手を探す婚活支援が実績を挙げていることから、2021年度予算の概算要求に20億円を計上した。

 

AIマッチングの仕組みで減少が止まらない婚姻数や初婚年齢の上昇を改善する狙い。「AIマッチング」、「AIお見合い」、「AIの出会い」、AIお見合いアプリ等は、果たして少子化、過疎化を打開する一手となるか?AIマッチングアルゴリズム、人工知能で結婚相手は見つかるのか?

★人気記事

おすすめ【婚活サブスク】月額定額でAI婚活ができる!

おすすめ【47都道府県別】自治体婚活の紹介!AI婚活も

 

NHKほかメディアで話題殺到! 女性有料・男性無料婚活サイト

 

AI婚活とは?

 

AI婚活(えーあいこんかつ)とは、人工知能(AI)を利用して結婚相手を見つけるための活動をすることを意味します。

 

日本政府は、人工知能を活用した自治体の婚活支援事業を後押しをする。年齢や年収などの希望条件に合わなくても、相性の良い見合い相手をAIで選び出すマッチングシステムは、2021年も増加していくでしょう。

 

【AI婚活×地方自治体】政府20億円支援

 

内閣府は2021年度の概算要求に少子化対策費用として20億円を計上。対策の一つとして、地方自治体がAIを活用した婚活システムを導入する際の費用の3分の2を支援する。「AIが選んだ相手とむりやり結婚させようということは全くない」という。

 

「これまでの婚活では、結婚相手を希望の条件で絞り込んで候補者を減らしてしまう場合が多いがAI婚活の活用で今まで意識していなかった人とのマッチングもできる」

 

内閣府子ども・子育て本部の担当者は、20億円の使い道について、「ニーズは自治体によってマチマチ。それぞれに考えてもらい、手を挙げていただく形になると思います」と説明する。「AIのシステムだけあっても効果は出ないので、他のサポート体制と上手く組み合わせて導入してほしい」と期待を込めている。

 

実際には、AIシステムの新規導入のほか、実装に至るまでの一定期間のランニングコストに充てることも想定しているという。地方自治体も、民間と同じように対面のサービスを併用して進めていく必要があるという。

 

 

 引用:えひめ結婚支援センター

引用:えひめ結婚支援センター

 

 

【AI婚活×地方自治体】特徴

 

特徴は、希望条件に合わなくても、相性の良いお見合い相手をAIが探し出してくれる仕組み。通常のマッチングと一体何が違うのか?少子高齢化が進み、生涯独身率も上昇する中、AIはどうやって「運命の人」を見つけるのか?

 

政府が「効果あり」と見込んだこの婚活システムは、一体どんな仕組みなのか。AIが「希望条件に合わなくても相性の良い人」を見つけることで高い成果を上げたことが話題になった「愛媛モデル」は現在18の県が導入している、

 

実際にビッグデータを活用した結婚支援を行っている愛媛県では、マッチング成立割合が13%から29%に向上したという。えひめ結婚支援センター(愛媛県松山市)では、国立情報学研究所の宇野毅明教授を中心に心理学者やデータサイエンティストなどと「結婚支援ビッグデータ活用研究会」を設立。機能の開発や効果の検証などを行っている。

 

愛媛県のビッグデータを活用した婚活の説明動画

(約6分)

ビッグデータを活用した婚活

 

「AI婚活」人工知能×婚活の流れ

 

入会後に110~122ののアンケート

 

「どのようなパートナーが好ましいか」「パートナーに求めること」など110~122問の質問に回答する(自治体によって質問件数が違う)

 

AIが診断

 

利用者は趣味や職業、血液型といったプロフィルや自己PRを記載することで、相性の合う人が自動的に抽出される。アンケートの過去の事例に基づいてAIが診断し、お相手候補を選ぶ。

 

相手を紹介

 

診断はスマホやパソコンから手軽に受けることができ、その後オススメされた相手に会う流れとなる。

 

秋田県も同様のシステムを今年2月から導入している。「カップルの成立が増えており、結婚を希望される方が成婚されることは大変喜ばしい」と次世代・女性活躍支援課の担当者。

 

利用者からも「今まで相手が見つからなかったが、AI診断で相性が合うと実感し、すぐに結婚を決めました」という声があるという。

 

 

『AI 婚活×自治体』モデルケース

 

愛媛県をモデルケースに採用しているのは18県!

 

ボラサポPR動画(えひめ結婚支援センター)

ボラサポ-えひめ結婚支援センター

 

 

愛媛県は、いち早くビッグデータを活用し、数多くの成婚に結び付けている。県が結婚支援事業を委託している「えひめ結婚支援センター」では、11年度にICT(情報通信技術)を使った独自システムを運用し、13年度にビッグデータによるオススメ機能を導入した。

 

愛媛県のAIのポイント

システムでは、利用者がパートナーに求める「年収」や「年齢」などの条件に基づいたマッチングは行わない。従来は年収や年齢、顔写真などといった条件でパートナーを選ぶという傾向が強く、なかなかカップル成立にまで至らないケースも多かった。

 

費用

また女性からアプローチする方がカップル成立件数が多いというデータもあるという。婚活イベントにもビッグデータは活用され、効率的にパートナーを見つけることもできる。料金は男女ともに2年間で1万円で、イベントには別途料金が必要となる。

 

 

成約結果

11年10月以降、1万1332組のカップルが誕生し、1168組の成婚があった。ビッグデータを利用した成婚数は公表していないが、担当者によれば「確実に増えている」という。

 

 

希望条件に合わなくても相性の良い人」を見つける

AIが「希望条件に合わなくても相性の良い人」を見つけることで高い成果を上げたことが話題に!「愛媛県などではAI導入後、申込者が実際にお見合いに至った確率が上昇しています。民間よりも利用料金が大幅に安く、自治体の事業なので安心感があるという利点もあります」

 

 

 

「AI婚活の自治体」愛媛県の例

 

【公式HP】えひめ結婚支援センター

★愛媛県内にお住まいの方に限らず、愛媛県外にお住まいの方もご登録できます!

 

 引用:えひめ結婚支援センター

引用:えひめ結婚支センター

 

入会前の非会員にお相手検索シミュレーション

 

 

AIマッチングアルゴリズム

 

松山市にあるえひめ結婚支援センターを訪れた女性Xさん(35)。端末に「20代、年収600万円」などと条件を入力し、男性Zさんを見つけて気に入り、お見合いを申し込んだ。だが、Zさんからは見合いを断られてしまった。これで何度目だろう……深く傷つくXさん。

 

だが、ここからAIが本領を発揮し始める。

 

第1段階(仲間を作る)

まず、男性Zさんにお見合いを申し込んだことがあるなど、Xさんと好みが似ている女性を探し出しグループ化する。Xさんと好みが近いであろう女性たちの膨大な行動履歴を解析し、「私たち男性の好み合うよね」と言ってくれそうな「お仲間」を作り上げるのだ。

 

さらに、AIはその「お仲間」たちが過去にお見合いを申し込んだ男性たちをピックアップする。これが端末上で、《Xさんの好みかもしれない男性たち》としておすすめされる。これにより、自分と好みが似ている「お仲間」が気に入ったのに、個々の条件検索によって漏れてしまっていた男性たちが浮かび上がってくる。

 

 

第2段階(おすすめ表示)

今度は、この《Xさんの好みかもしれない男性たち》の行動履歴を解析し、彼らと女性の好みが近い男性たちをグループ化する。さらにその中から、先ほどの「Xさんと好みが似ている女性=Xさんのお仲間」の誰かに、過去にお見合いを申し込んだことがある男性をピックアップする。これにより、《Xさんを好むかもしれない男性》がおすすめとして表示されるのだ。

 

つまり、条件検索では出てこないが、《自分が好むかもしれない男性》に加え、《自分を好んでくれるかもしれない男性》もおすすめしてくれる。世話焼きな友達のように「条件とは合わないけど、この人いいんじゃない?」とAIが「おせっかい」をやいてくれるのだ。

 

 

『お見合い』まで、たどり着けない特徴

専門家が行動データを分析した結果、お見合いにたどり着けない男女の大半には、ある特徴がありました。それは『同じ検索条件に固執し続ける』ということです。20代女性にこだわり続ける40代男性、希望年収を少しも下げられない女性、なぜなのかはわかりませんが、ちょっと目先を変えて対象を広げてみようということができないのです。

 

 

『婚活疲れ』をなくす

35歳を過ぎると条件がどんどん厳しくなっていく傾向もわかりました。そうした負のスパイラルの中でいつまでもお見合いに至らず、ついには『婚活疲れ』であきらめてしまう人がたくさんいるが、AIを試験運用すると、条件とは違うお相手を気に入る人がどんどん増えていったのです」

 

利用者に、希望から少し外れるくらいなら許せる、という潜在的意識があっても、条件検索では反映できない。その弱みを、AIがフォローした形だ。その後、お見合いを申し込んで了解をもらえる確率は男女平均で29%に上昇。AIがお薦めした申し込みに限れば40%近いという。意外な効果も!

 

 

AIが相手を選択するので傷つかない

「女性のお見合いの申込件数がAI導入前は男性の2割ほどにとどまっていましたが、導入後は飛躍的に増えました。『AIが選んだ相手だから気楽に申し込めた』との声が多く、失敗して傷つきたくないという女性の心を楽にしてくれる。

 

 

成婚者数

成婚者数も、AI導入前の6年半で455組だったが、現在までに1300組に達した。導入後の5年半で845組以上が成婚に増加した。

 

 

えひめ結婚支援センター

 

【公式HP】えひめ結婚支援センター

 

 

AIの婚活サポート!埼玉県「恋たま」

 

引用:埼玉県「恋たま」

引用:埼玉県「恋たま」

 

2018年にAIを活用した婚活サポート「恋たま」を始めた埼玉県

 

【公式HP】埼玉県「恋たま」

SAITAMA出会いサポートセンター|恋たま(こいたま)
~恋の始まりはさいたまから~貴方にピッタリな相手探し。SAITAMA出会いサポートセンター(通称:恋たま)には、結婚を誠実に希望する独身男女に出会いの機会を提供する埼玉県の結婚支援センターです。最新のAIを活用したマッチングシステムによるお相手紹介やお相手検索機能、センター主催の婚活イベントなど、多様な出会いがあなたを...

 

恋たまPR動画

 

(2分)

【恋たまPR動画】埼玉で恋しよう!

 

 

日本全国・47都道府県の結婚支援事業

 

成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は18あり!

 

これから婚活をしたいと考えている人の中には、自分が住んでいる都道府県で行われている婚活事業を知らない人も多いのではないでしょうか。実は、各地域でそれぞれに趣向を凝らした結婚支援が行われています。47都道府県の結婚支援事業をご紹介します。成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は18あります。

 

47都道府県別・婚活支援

 

★詳しくは『47都道府県別の自治体主催おすすめ婚活一覧!AI婚活』記事をご覧ください。

【婚活×自治体】47都道府県別おすすめ婚活は自治体主催!AI婚活も!
2021年最新【婚活×自治体】この記事は、日本全国47都道府県の自治体・公認団体・商工会等主催の婚活・AI婚活・婚活パーティ・街コン・婚活イベントを紹介します。有料・無料の両方があります。その自治体に住居がなくても参加可能な婚活がほとんどで...

 

多くの自治体では、登録は県外の方もOKなので、田舎暮らしもいいね!と思う方は登録を!

 

NHK・マツコ&有働「AIに聞いてみた」婚活

 

★この番組も参考になったのでリンクをしておきます。

 

NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!

 

マツコ・デラックスと有働由美子の強力タッグと、NHKが独自に開発した人工知能 「AIひろし」がぶつかり合い、日本が直面する課題の解決策を探るシリーズ、「AIに聞いてみた」。第4回のテーマは「超未婚社会」。

 

恋も結婚も個人の自由ですが、日本の大きな課題「少子化」に直結する問題でもあります。いま日本の婚姻率は過去最低を記録。男性の4人に1人、女性の7人に1人は生涯独身という、“超未婚社会”ともいうべき状況。少子化の原因の9割が婚姻率の低下にあるという研究も発表されています。

 

AIはいままでの常識とは異なる意外な要素を導き出してきました。それは「健康と結婚の関係」、「家電量販店と交際相手」・・・などなど、一見全く関係のないと思われるものたちの「つながり」。こうした意外なAIの解析結果をもとに、独身のマツコと有働が結婚について大激論。専門家たちと平成最大の難問の解決策を探ります。

 

★詳しくはNHKスペシャルのページをご覧ください。

NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 第4回 超未婚社会
4月13日(土)夜9時~

 

 

NHKで紹介されたおすすすめ婚活サイト

 

NHKほかメディアで話題殺到! 女性有料・男性無料婚活サイト「キャリ婚」



 

人気!今年流行の「婚活サブスク」

 

婚活サブスク【ベルロード縁結びサポート】


 

 

 

記事概要

【AI婚活×地方自治体】成約率の高いAI婚活支援をしている自治体は?

政府は2021年から、少子化対策の一環として、人工知能(AI)やビッグデータを活用した地方自治体の婚活支援事業を支援する予定。AIマッチングの仕組みで婚姻数や初婚年齢の上昇を改善する狙い。AIマッチングアルゴリズム、人工知能で結婚相手は見つかるのか?

 

●出典・参考・引用

えひめ結婚支援センター

NHKスペシャル

埼玉県「恋たま」

内閣府HP