2020年【コワーキングスペースのサブスク】おすすめ2社比較は全国対応

2020年【コワーキングスペースのサブスク】おすすめ2社比較は全国対応サブスク比較
2020年【コワーキングスペースのサブスク】おすすめ2社比較は全国対応

 

2020年最新、コワーキングスペースのサブスクを紹介します。おすすめコワーキングスペース2社は日本全国利用可能な会社です。月々定額料金で全国使い放題のコワーキングスペースのサブスクに特化して比較した早わかり版の記事です。駅直結で利便性が抜群の月額料金が安いおすすめ2社のコワーキングスペースのサブスクリプションは、「 BIZcomfort(ビズコンフォート)」と「Regus(リージャス)」です。

 

 

この記事では、シェアオフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィス・貸し会議室などの比較や料金は実際に使用していないので書きません。コロナ禍の中でテレワークが増えて自宅で仕事をする場合に、子供や家族がいて仕事に集中できない、冷暖房費用がかさむ等でお悩みの方に、1日1000円以内位の経費でコーヒー・お茶などのドリンクが無料で飲める、契約した場所以外の全国のスペースが使い放題!SNSの評判や口コミが良いコワーキングスペース(コワーキングオフィス)の2社を紹介します。

 

 

コワーキングスペースのサブスクとは?

 

コワーキングスペースのサブスクとは、月々定額制の料金で専用の個室スペースではなく、共有型のオープンスペースをデスク単位で借り放題のサブスクリプション方式のサービスの意味です。一定期間利用できる「権利」に対して「定額制の料金」を支払う新しいビジネスモデルです。個室のオフィスは必要がない。ワークスペースは確保したい。そんな方にお勧めのサブスクです。

 

 

 BIZcomfort(ビズコンフォート)

 

株式会社WOOC(ウォーク)が運営。WOOCはWe are the Only One real estate Company からくる造語です。そして、当社の企業理念は、空室に「VALUE(価値)」と「DESIGN(デザイン)」を、です。従来のシェアオフィスやコワーキングスペースとは違い、心地よく快適なワークスペースを、そして、24時間、どこのオフィスでも利用できるを提供したいといった想いからレンタルオフィス「ビズサークル」に続き、「ビズコンフォート」をスタートしました。

 

コワーキングスペースのサブスク

コワーキングスペースのサブスク

 

【公式HP】 BIZcomfort(ビズコンフォート)

 

おすすめポイント

 

・24時間365日、自分の好きな時に好きな場所で働ける。

・月額2,000円から利用できるコワーキングスペース。

・電子レンジもあり、カフェのように利用でき、カフェよりも快適に過ごせる。

・ニーズに合わせて選べるフリーデスクのコワーキングスペース&個室型レンタルオフィス。

・各拠点でコンセプトを設けているため、デザインにも注目!

・細かなブース分け。目的に合わせてブースを選ぶことで、より集中して作業が可能です。

 

拠点数

 

日本国内は約60拠点以上が月額18,000円(税別)で使い放題。

ほぼ毎月新規拠点OPEN!全国にエリア拡大中。

 

利用可能時間

 

365日24時間使用可能

 

月額料金

 

広い共有スペースにあるデスクを空いてる順番に使用。

月額18,000円(税別)で全国どこでも使い放題。

※入会金10,000円(税別)別途必要

※初期費用:入会金10,000円+2ヶ月利用料

 

関西圏使い放題プランが有

各拠点のみ利用できるプランとは違い、大阪・神戸・京都のコワーキングスペースが全て利用できて月額15,000円(税別)です。四ツ橋線沿線では、肥後橋・四ツ橋・なんばに拠点がある為、各々の拠点の相互利用が可能です。今後も大阪・京都・神戸に続々オープン中です。

 

各拠点ごとのプランが有

(※同一プランでも各拠点ごとに料金が違います)全日プラン(6,000円~)・土日祝プラン(2,000円~)・ライトプラン(2,000円~)・固定席プラン(18,000円~)・全拠点プラン(18,000円)・ドロップイン 300円~/1時間、1,000~2,000円/日

 

解約

 

2か月間の縛りあり

 

【公式HP】 BIZcomfort(ビズコンフォート)

 

 

Regus(リージャス)

 

世界のリージャス・グループは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所に上場しております。そのネットワークは世界120カ国以上1,100都市を超える地域、3,300拠点に及び、会員数は250万人に上ります。

 

コワーキングスペースのサブスク

コワーキングスペースのサブスク

 

【公式HP】Regus(リージャス)

 

おすすめポイント

 

・入会金0円

・縛りなし。

・コーヒー紅茶等が飲み放題でお菓子もありカフェのように利用可能。

・ニーズに合わせて選べるフリーデスクのコワーキングスペース。

・各拠点でコンセプトを設けているため、デザインもおしゃれ!

・細かなブース分け。目的に合わせてブースを選ぶことで、より集中して作業が可能です。

 

拠点数

 

日本国内は170拠点以上が月額17,800円(税別)で使い放題。

ほぼ毎月新規拠点OPEN!全国にエリア拡大中。

 

利用可能時間

 

平日:8時30分~18時まで

土日祝日:休み

 

月額料金

 

広い共有スペースにあるデスクを空いてる順番に使用。

全拠点同一プラン

月額17,800円(税別)で全国どこでも使い放題。

 

解約

 

縛りなし

解約の場合は1ヵ月前の月末までに申し出が必要。

(例:10月末で解約したい場合は、9月の末までに解約の申し出が必要)

(前払い制・例:10月分の支払いは9月15日に前払い)

 

【公式HP】Regus(リージャス)

 

 

まとめ

 

2020年【コワーキングスペースのサブスク】おすすめ2社比較は全国対応

2020年【コワーキングスペースのサブスク】おすすめ2社比較は全国対応

 

コワーキングスペース は、多様な働き方に対応するオフィスです。コワーキングスペース(コワーキングオフィス)のシステムは、手頃な月額費用で利用可能。ホットデスク、専用デスク、個室オフィス、ドロップイン等のプランから選べます。高速Wi-Fiも使い放題です。秘書サービス、受付、ITサポートも利用可能なコースもあります。

 

BIZcomfort(ビズコンフォート)Regus(リージャス)の2社の違いは、

 

入会金は、『ビズコンフォート』は初回10,000円(税別)必要『リージャス』は入会金不要。

 

月額料金は、全国どこでも使い放題プランは、『リージャス』が月額200円(税別)安い。

 

プランは、『ビズコンフォート』は各拠点のみ使用可能プラン有。『リージャス』は1プランのみ。

 

日本国内拠点数の違いは、『ビズコンフォート』は60拠点以上、『リージャス』は170拠点以上

 

利用できる時間の違いは、『リージャス』は平日の8時30分~18時まで使用可能。『ビズコンフォート』は24時間365日利用可能。

 

※契約内容・金額等は2020年9月現在の情報です。詳しくは各社のHPでご確認ください。

 

PR『バーチャルオフィス』登記可能

 

 

 

●出典・参考・引用

ビズコンフォート

リージャス