精神科「処方薬依存」の恐ろしさ!「睡眠薬の副作用」

睡眠薬の画像おひとり様ブログ
睡眠薬の画像

精神科「処方薬依存」の恐ろしさ!「睡眠薬の副作用」

 

2019年7月11日、厚生労働省内で各地の睡眠薬被害者の会代表厚生労働省障害保健福祉部などの職員5人との話し合いが行われた。苦しみを訴える声は全国各地で起こっている。

 

精神科の薬の恐ろしさ

睡眠薬や抗不安薬による「薬物依存症」

睡眠薬を毎日のむと睡眠薬依存になる。

 

精神科や心療内科などの医師達が、長期の漫然処方で作り出した明らかな「医原病と言える。

1980年代には、海外で強い依存性が指摘された。

 

国内でも「麻薬及び向精神薬取締法」で麻薬と同等の扱いを求められてきたベンゾジアゼピン系などの睡眠薬や抗不安薬を、この国の医師たちは「依存性はない」「一生飲んでも大丈夫」などと言って患者に飲ませ続けてきたのだ。

 

被害者の中には、薬の影響で難治の眼病「眼瞼痙攣」発症し、眼科で「ベンゾジアゼピンの長期服用が原因」と告げられた人もいる。

 

こうした患者の中には、服薬を止めても激しいまぶしさに悩まされたり、目を開けられなくなったりする人もいて、社会生活に著しい障害が出ている。

 

治療と称してで続けられた漫然処方が、患者に元の症状をはるかに超える深刻な障害を負わせた。

詳しくはこちらの現代ビジネスの佐藤光展ジャーナリストの記事をご覧ください。

 

睡眠薬の副作用の画像

睡眠薬の副作用の画像

 

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット > 情報提供 > 健康用語辞典 > 休養・こころの健康 > 睡眠薬

厚生労働省のサイトでは以下のように掲載があります。

 

睡眠薬(すいみんやく)とは

 

睡眠を誘発持続させるための薬物。症状に合った薬剤を医師の処方によって服用する。

●睡眠障害改善剤

●睡眠導入薬

●入眠薬

●催眠鎮静剤

上記のように、文字通り睡眠を促す薬で、不眠状態や睡眠が必要な状態に使われる薬の総称です。

 

睡眠薬の構造は5つに分類

 

●ベンゾジアゼピン系

●シクロピロロン系

●バルビツール酸系

●チエノジアゼピン系

●抗ヒスタミン薬

などに分類されます。

 

作用時間によっても超短時間型、短時間型、中間型、長時間型に分類されます。

 

以前はバルビツール酸系の薬剤が主に用いられていましたが、依存しやすいという問題などから現在は比較的安全なベンゾジアゼピン系が多く使われています

ベンゾジアゼピン系は、脳の興奮を抑制するギャバという神経伝達物質の働きを強めるため、催眠作用があると考えられています。

 

使用には、疾患を併せ持つ場合や他の薬剤との併用などは副作用などの恐れもあるため、医師の診断が必要です。

また、最近の睡眠薬は安全性が高くなりましたが、突然中止すると症状が悪化する場合もあります。

 

厚生労働省「医薬品・医療機器安全情報」

 

厚生労働省は3月21日に睡眠薬や抗不安薬、抗てんかん薬として処方される「ベンゾジアゼピン系薬」などについて、常用量でも薬物依存が生じるおそれがあることを認めた。

 

長期使用を避けることなどを明記するように、本製薬団体連合会などに対し、「使用上の注意」を改訂するよう指示しました。改訂の対象は、エチゾラムやアルプラゾラム、ゾルピデムなど44種類。

 

今回の改訂のポイントは

●国がベンゾジアゼピン系薬剤について承認用量の範囲内でも、薬物依存が生じる。継続投与による長期使用を避けることと明記をする事。つまり常用量依存を公式に認めた事。

●向精神薬指定の対象とはされなかったエスゾピクロンも規制の対象となっている事。

 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 のページ

厚生労働省「医薬品・医療機器安全情報」催眠鎮静薬,抗不安薬及び抗てんかん薬の依存性に係る注意事項についてに依存症の注意喚起。

 

精神科「処方薬依存」の恐ろしさ!「睡眠薬の副作用」オススメ本

 

『精神科は今日も、やりたい放題』著者 内海 聡(日本の内科医・漢方医)

 

精神科は誤診が99%!

精神科の薬の恐ろしさ

 

医学会内部から患者を作り出すシステムと薬漬け医療の実態を告発し、話題のベストセラー本。

 

『睡眠薬中毒』 (PHP新書) 著者 内海 聡(日本の内科医・漢方医

 

日本では4人に1人が不眠症と言われ、睡眠薬の消費量は世界一。悩みがあれば眠れないのは当然なのにすぐ処方され、眠りが浅くなる高齢者への処方はごく一般的。成人だけでなく、発達障害者の子供に対しても処方されるようになった。ある報告書では、医院経営のメリットとして「常用量依存を起こすことにより、患者が受診を怠らないようになる」と挙げているように、薬漬けにして利益を得ることは当たり前のことになった。

 

副作用が少ないとされているが、実際には依存性があり、飲み始めると止めることが難しい。「ゲートウェイ・ドラッグ」と言われ、睡眠薬をきっかけに、うつ病に発展していくことは一部では知られている事実である。では、どのような危険があるのか。市販の「睡眠改善薬」と処方される「睡眠導入剤」の違い、日本人と睡眠、製薬会社と薬の歴史、薬を飲まない・減らすようにするにはどうしたらいいのかを解説する。

 

 

『薬剤師の本音 65歳を過ぎたら飲んではいけない薬』 著者 宇田川 久美子(薬剤師)

 

その「1錠」があなたの健康寿命を縮めている!
●降圧剤で記憶障害、せん妄のリスク
●抗うつ剤の副作用は「うつ」症状
●効果より副作用が大きい抗インフル薬

 

睡眠薬 高コレステロール治療薬 抗不安薬 認知症治療薬などの危険性も厚労省が専門家のみに注意喚起している「多剤服用」の危険!

1日5種類以上服用している人は必読

 

 

精神科の睡眠薬薬の恐ろしい!「処方薬依存」「睡眠薬の副作用」厚生労働省 生活習慣病予防の健康情報サイト「e-ヘルスネット」の睡眠薬の注意喚起を知ってほしい。「睡眠薬の種類」「睡眠薬の副作用」「睡眠薬の一覧」「睡眠薬の処方」等の厚生労働省HPから抜粋しました。睡眠薬を毎日のむと睡眠薬依存になる。

 

 

●出典・参考・引用

厚生労働省

講談社 現代ビジネス

 

コメント