「クラウドファンディング」は身近な社会課題や社会問題を解決できる?【大阪府】

「クラウドファンディング」って身近な社会課題や社会問題を解決できる?おひとり様ブログ
「クラウドファンディング」って身近な社会課題や社会問題を解決できる?
「クラウドファンディング」は身近な社会課題や社会問題を解決できる?『NPO等活動支援によるコロナ禍における社会課題解決事業』に大阪府が指定したクラウドファンディング事業に貴方が寄付をするとその寄付が2倍になる仕組みです!これを利用する事により、身近な社会課題、社会問題を貴方も解決する事に参加できます。クラウドファンディングの種類は、購入型、貸付型、不動産投資型、株式投資型、寄附型などがあります。この記事では社会貢献型クラウドファンディングの支援やり方の中で、自分の支援金額が2倍の金額になって、応援したい事業に届く嬉しい方法を紹介しました。

 

クラウドファンディングで身近な社会課題や社会問題を解決できる?

答え

解決できます!

クラウドファンディングの中でも、社会貢献型のNPO等活動支援に寄付をすることによって身近な社会課題や社会問題を解決できます!さらに、自分の支援金額が2倍の金額になって相手に届きます!

 

大阪府の社会課題解決事業とは?

『NPO等活動支援によるコロナ禍における社会課題解決事業』はあなたの寄付が2倍になるクラウドファンディング開始しました!
大阪府では、新型コロナウイルス感染症の影響で顕在化した、失業・貧困や孤独・孤立といった社会課題を解決する取り組みを行うNPOを支援するため、各NPOが実施するクラウドファンディングに参加いただくと民間資金提供先からのマッチング寄付により支援額が2倍となる仕組みを構築しています!今年度は、7月1日からスタートする子ども食堂の整備や孤立や不安から子どもを守るチャット相談、マスクの着用によりコミュニケーションがしづらくなったろう児・難聴児の支援、若者への職業訓練・就職支援、コロナ禍で仕事を失った外国人留学性向け支援の5つの事業を支援していきます。

 

【大阪】クラウドファンンディング採択5事業の一覧

大阪府の令和3年度、NPO等活動支援によるコロナ禍における社会課題解決事業の5つの事業を紹介します。

引用【大阪府】NPO クラウドファンディング

引用【大阪府】NPO クラウドファンディング

 

子ども食堂ゴーストキッチンサポート

 

泉北ニュータウンの子どもたちの社会的孤立を支える!子ども食堂ゴーストキッチンサポート事業

子どもの居場所づくり・子ども食堂などを行う団体が調理の拠点として活用できるシェアキッチ「子ども食堂ゴーストキッチン」を整備し、社会的に孤立して生きづらさを感じている子どもたちに食を届ける配食システムを構築する。また、24時間いつでも活用できる地域のフードバンク・地域冷蔵庫をICTも活用して整備する。

★【HP】一般財団法人 泉北のまちと暮らしを考える財団(堺市)

クラウドファンディングページ

 

10代給付型職業訓練支援事業

 

●おおさか10代給付型職業訓練・就職支援事業「テンセイ・キャンプ」

宿泊・飲食サービス、娯楽業界において、コロナ禍での失業と収入減により10代の若者たちの経済的・精神的余裕が失われている。「テンセイ・キャンプ」では、府内の若者の職業訓練中の生活を給付により支え、時間的余裕を創り出す。生活基盤を構築した上で、人材ニーズの高いIT分野の知識・技術獲得と就職支援を行う。

★【HP】認定NPO法人 育て上げネット(東京都立川市)

クラウドファンディングページ

 

 

賃金の追加給を支給する。

 

●外国人留学生向け成果型追加時給支援制度「OHINERI(オヒネリ)」

困窮する外国人留学生アルバイトへの「成果型追加時給支援制度”OHINERI”」を立ち上げる。外国人留学生を雇用する事業主が留学生の勤務成果に応じて追加給を支給して支援する。アルバイト時間が限られているなかで時給単価を上げることで、困窮する外国人留学生を救う新たな仕組みとする。

★【HP】一般財団法人 大阪労働協会(大阪市)

クラウドファンディングページ

 

 

チャット悩み相談事業

 

●コロナ禍の孤立や不安から子どもたちを守るチャット相談事業

コロナ禍で孤立して不安やストレスを抱える子どもたちの命と安全を守るため、気軽に相談できるセーフティネットを整え、チャット相談事業を行う。自殺や虐待などを未然に防ぎつつ、早急な対応が必要な場合は行政機関等と連携し解決を図る。また、子ども食堂や学習支援を行う子ども支援団体と連携して、孤立しがちな子どもたちにも積極的にアプローチを行う。

 

★【HP】NPO法人 関西こども文化協会(大阪市)

★クラウドファンディングページ

 

 

出張型・オンライン支援

 

大阪府下のろう児・難聴児とその家族への出張型・オンライン支援プロジェクト

コロナ禍のマスク着用により、口の形を読んでコミュニケーションを行うろう児・難聴児は周囲の会話が分からず、うつ傾向やことば獲得の遅れについて保護者から心配の声が出ている。手話による支援環境が乏しく、通所が難しい家庭に対して出張教室やオンラインを活用し、心の拠り所となる居場所づくりや学びの場の提供を行います。

 

★【HP】NPO法人 Silent Voice(大阪市)

★クラウドファンディングページ

 

 

まとめ

寄付の仕方はふるさと納税等、行政に直接寄付をする方法もありますが具体的にその寄付がどのように具体的に使われているかわかりにくいですね。その点、このクラウドファンディングで寄付をする方法は、お金の使われ方が具体的にわかるので良いと考えます。クラウドファンディングを活用する事により、身近な社会課題、社会問題を解決する事に参加できるのは嬉しいです。昨今、NPOでも疑わしい事業体がある事がニュースで問題になっています。その点、この5つのNPO法人は大阪府の厳正な審査を通過しているので信用ができます。

 

 

おひとり様TVの他の記事はこちら

 

●出典・参考・引用

大阪府