【Time To Say Goodbye】日本語歌詞&英語歌詞&リンク集

アンドレア・ボチェッリおひとり様ブログ
アンドレア・ボチェッリ

タイム・トゥ・セイ・グッバイ

アンドレア・ボチェッリ

 

Time To Say Goodbye

Andrea Bocelli

 

『Time To Say Goodbye』

が好きなので

 

自分がひたすら聞く為に

 

Youtubeから『Time To Say Goodbye』のみ集めてみました。

 

8つの

いろんな方のタイム・トゥ・セイ・グッバイを楽しんでください。

 

Time To Say Goodbyeリンク集

 

2007年、ライヴ・イン・トスカーナにて、サラ・ブライトマン。Andrea Bocelli, Sarah Brightman

Andrea Bocelli, Sarah Brightman – Time To Say Goodbye (Live)

 

 

1997年、ロンドンのロイヤル・アルバートホールにて Sarah Brightman Andrea Bocelli

Sarah Brightman Andrea Bocelli – Time to Say Goodbye 1997 Video

 

舞台演出が豪華です。アンドレアも歳をとりました(最近2017ара и Андреа Бочелли — Time to say goodbye (@Премия МУЗ-ТВ 20

Зара и Андреа Бочелли — Time to say goodbye (@Премия МУЗ-ТВ 2017)

 

 

Andrea Bocelli & Aida Garifullina – Time To Say Goodbye – David Foster Miracle Gala & Concert 2013

Andrea Bocelli – Con Te Partiro – Live From Piazza Dei Cavalieri, Italy / 1997

 

 

(オススメ圧巻) Il Divo – Time to Say Goodbye (Con Te Partirò) (Live)

Il Divo – Time to Say Goodbye (Con Te Partirò) (Live)

 

 

Time To Say Goodbye – Katherine Jenkins

Time To Say Goodbye – Katherine Jenkins

 

 

サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」

サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」

 

 

歌詞付です。翻訳の内容はこちらの方が好きです。カノン Kanon – タイム・トゥ・セイ・グッバイ Time to Say Goodbye

カノン Kanon - タイム・トゥ・セイ・グッバイ Time to Say Goodbye
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

 

 

 

タイム・トゥ・セイ・グッバイとは

 

原題は「Con Te Partirò(コン・テ・パルティロ)」

イタリアのテノール歌手Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)の曲。

 

「君と旅立とう」: Con Te Partirò(コン・テ・パルティロ) [kon ˈte ppartiˈrɔ])は、イタリア人歌手アンドレア・ボチェッリの代表的オペラティック・ポップ楽曲で、クラシカル・クロスオーバーの先鞭を付けた曲でもある。

 

オリジナルの歌詞は全編イタリア語。1995年2月にサンレモ音楽祭で初めて歌われ、同年春に発売のセカンド・アルバム『ボチェッリ(英語版)』に初収録された。

 

作詞はルーチョ・クアラントット、作曲はフランチェスコ・サルトーリで、その後「生きる(英語版)」をカップリング曲としてシングル発売されている。

 

この時の音楽チャートで1位を記録した国のうち、フランスでは歴代最多販売枚数の100位圏内に入り、ベルギーでは歴代最多販売枚数1位を記録した。

 

そしてこの曲の知名度を広く上げたのが、1996年にイギリス人ソプラノ歌手サラ・ブライトマンがボチェッリにデュエットを申し出て、曲名及び歌詞の一部をイタリア語から英語の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(英: Time To Say Goodbye)」に変更し、共演したことである。

 

これがヨーロッパ全土で爆発的にヒットし、ドイツでは歴代最多販売枚数を記録したほか、全世界で1200万枚以上を販売し世界歴代最多販売作品の一枚となった。

 

その後ボチェッリはこの曲の全編スペイン語歌詞による「ポル・ティ・ヴォラーレ(西: Por ti volaré)」を発売し、前述のオリジナル曲「君と旅立とう」及び「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」と並んでこれら3バージョンはボチェッリの代表曲となっている。

 

サラ・ブライトマンもこの曲のソロバージョン、全編英語詞の「Time To Say Goodbye」をリリース

 

出典: フリー百科事典『(Wikipedia)』

 

 

タイム・トゥ・セイ・グッバイの歌に込められた意味

 

Time To Say Goodbyeは別れの曲ではなかった!

愛し合う二人の「一緒に生きて行こう」とする二人の門出の歌

「Time To Say Goodbye」は曲名から”別れの曲”として初めは日本で認識されていた。

 

実は別れの曲ではなく愛し合う二人の「一緒に生きて行こう」とする二人の門出の歌だったのだ!

最後の歌詞

あなたと共に再び住もう

『あなたと共に旅立とう』

に2人の未来が込められています。

 

タイム・トゥ・セイ・グッバイの日本語の歌詞

 

Quando sono sola
sogno all’orizzonte
e mancan le parole,
si lo so che non c’è luce
in una stanza quando manca il sole,
se non ci sei tu con me, con me.
Su le finestre
mostra a tutti il mio cuore
che hai accesso,
chiudi dentro me
la luce che
hai incontrato per strada.
一人でいる時
水平線を夢見て
言葉を失ってしまう
太陽のない部屋は暗くて
あなたが側にいないと
太陽は消えてしまうの
全ての窓から
あなたが勝ち取った
私の心が広がってゆく
私の中に
あなたは光を注ぎ込んだの
道端で見つけた光を
Time to say goodbye.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso si li vivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
it’s time to say goodbye.
別れの時が来たわ
あなたが一度も見たことも
行ったこともない場所
今私はそこに
あなたと共に旅立とう
船に乗り海を越えて
それは私が知っている
いえ、いえ、もうなくなってしまった
別れの時が来たわ
Quando sei lontana
sogno all’orizzonte
e mancan le parole,
e io si lo so
che sei con me con me,
tu mia luna tu sei qui con me,
mio sole tu sei qui, con me,
con me, con me, con me.
君が遠く離れているとき
水平線を夢見て
言葉を失ってしまう
でも もちろん分かっている
君が僕と一緒にいることは
君は僕の月 僕と共に
僕の太陽 君は僕と共にここにいる
僕と共に 僕と共に
Time to say goodbye.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso sì li vivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
別れの時が来たわ
あなたが一度も見たことも
行ったこともない場所
今私はそこに
あなたと共に旅立とう
船に乗り海を越えて
それは私が知っている
いえ、いえ、もうなくなってしまった
con te io li rivivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
con te io li rivivrò.
Con te partirò.
あなたと共に再び住もう
あなたと共に旅立とう
船に乗り海を越えて
それは私が知っている
いえ、いえ、もうなくなってしまった
あなたと共に再び住もう
あなたと共に旅立とう

はてなブログから引用

 

●出典・参考・引用

naverまとめ

はてなブログ

 

 

コメント