【エアコンのサブスク】個人用のエアコンのサブスクリプションを環境省が後押しする理由は何?

エアコンのサブスク!個人用のエアコンのサブスクリプションを環境省が後押しする理由は何?サブスク比較
エアコンのサブスク!個人用のエアコンのサブスクリプションを環境省が後押しする理由は何?

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスの意味です。

サブスクとは何?「サブスク」意味とメリットは?

厳選!おすすめサブスクリプション比較 【100カテゴリー・470社】はこちら

 

エアコンのサブスクとは?

エアコンのサブスクとは?

エアコンのサブスクとは?

エアコンのサブスクとは、月々定額制の料金を支払うことで会員制でエアコンを利用できるサブスクリプション方式のサービスの事です。一定期間利用できる「権利」に対して「定額制の料金」を支払う新しいビジネスモデルです。エアコンの初期設置費用を抑えられる事がメリットです!

 

「エアコンのサブスク」は海外ではすでにアフリカで始まっています!東京大学関連ベンチャーのWASSHA(ワッシャ)と空調大手のダイキンが協働でアフリカでエアコンのサブスクリプション事業を実施しています。日本でも個人の方が利用できるようになれば嬉しいですね!

 

エアコンに限らずサブスクリプションサービスの増加によって、多くの人々が多様なライフスタイルを選択できるようになりました。世界的に物を「所有」するのではなく、物やサービスを「利用」することや、利用時の「体験」に価値を置く考え方に変化してきてサブスクリプションが注目されるようになりましたね。

 

エアコン定額サブスクを日本でも個人が利用できるように環境省が後押しする理由は?

エアコンのサブスクリプション(サブスク)

エアコンのサブスクリプション(サブスク)

環境省がエアコンのサブスクを後押しする理由は?

全国の熱中症による死亡者は18年以降、1200人超で推移し、このうち65歳以上の高齢者は約8割を占める。部屋にエアコンを取り付けていなかったケースも少なくないとみられる。そこで環境省は熱中症対策にエアコンのサブスクリプション(定額制)を利用しようと検討している。

 

ビジネスモデル構築を構築?

環境省は2022年度から空調メーカーなどとビジネスモデル構築に取り組む方針で、エアコンを買わずに毎月定額の支払いで使えるサブスクリプションサービス(サブスク)の普及に向けた検討を始めた。設置時の費用を大幅に抑えられるため、熱中症対策として高齢者らの利用につなげる計画です。

 

実証実験はいつ?

環境省は高齢者の利用を想定した実証事業に2022年度から乗り出す予定です。再生可能エネルギー由来の電気の契約とセットとすることや、エアコンの使用状況から高齢者の健康状態を確認する見守り機能を備えた仕組みも検討する。

 

月額定額料金は?

通常エアコンの一般的な価格は1台10万円で、設置時の負担は工事費と電気代を含め約12万5000円ですがサブスクを利用した場合、負担は約2万5000円まで抑えられる。月2000~3000円程度の利用料は発生するものの、高齢者らの利用が期待できると環境省はみている。

 

 

空調家電のサブスク「CLAS

「クラス」CLAS

「クラス」CLAS

 

★家電サブスクCLAS(クラス)おすすめポイント
1.初期費用は0円で月々440円〜!
家電は1アイテムにつき月々440円(税込)から利用でき会員登録や初期費用なども一切不要。
2.汚れても壊れても安心!
定額レンタルの場合汚したりこわしたりCLASの商品はすべて保険適用。
3.長く利用するとさらにお得!
最大で80%OFF安心もずっと続きます。
4.不要な家電は引き取ります!
有料オプションで面倒な不用品の処分や組み立て設置も可能。

今なら登録だけで500円分のポイントが貰える
  ↓ ↓ ↓

【公式】家電・家具の定額レンタル_CLAS

 

 

 

 

●出典・参考・引用

環境省

おひとり様TV