「サブスク」とは何?「サブスク」の意味とメリットは?

「サブスク(サブスクリプション)」人気のサブスク!定額サービスのサブスクの”オススメ”と”比較”と”ランキング””
「サブスク(サブスクリプション)」

サブスクリプション『サブスク』とは何?

「サブスク」とは新しいビジネスモデルの「サブスクリプション方式」の意味です。

利用者はモノを買い取るのではない。

 

サブスクとは何?

「サブスク」とは、モノの利用権を借りて利用した一定期間に応じて定額制の料金を支払う方式。

「サブスク」とは、一定期間利用できる「権利」に対して定額制の料金を支払うビジネスモデル。

上記の事が「サブスクリプション」方式のビジネスモデルの事です。

 

2019年「サブスク」ビジネス大賞決定!人気の13社のサブスクはこちら

サブスクと定額制との違い

 

毎月サービスに課金する「月額定額制」のモデルと「サブスクリプション」とは違いがある。

「定額制」とは、ただ製品やサービスに同じ金額で継続的に課金してもらう事。

「サブスクリプション」とは

さらに顧客満足度を意識したサービスを提供して継続的に課金してもらう事。

 

料金プランをいくつかに分けて利用権の範囲を変える、休止可能にする、無料お試し期間を入れて顧客のニーズに答えるなどして、顧客との関係性を構築していくことこそがサブスクリプション型ビジネスと言えるでしょう。

 

サブスクリプションモデルが増加・注目されているには、

所有者はモノの「所有」を重視しているのではなく「利用」を求めている背景があります。

モノの所有からコト(サービス)の消費へと世の中が大きく変化している。

 

<サブスク例>

「月額定額制」のモデルと「サブスクリプション」とは違い

「月額定額制」のモデルと「サブスクリプション」とは違い

 

単に月々定額料金で商品を提供することが「サブスク」方式ではない。

 

単なる定額方式の代表例は新聞の定期購読ですね。

しかし、現在はその新聞購読がサブスク方式へと進化しています。

新聞販売店が地域密着の優位性を生かして定期購読者に対して一定の料金でサービスを展開中。

便利業的な掃除や洗濯、犬の散歩等のサービスを提供するサブスクモデルに進化してきている。

 

『定額方式』と『サブスク』の違いは、

所有よりも利用することに価値を見出す消費者に対して、

モノを利用するサービスを提供していること。

サービスがデジタル化されていること

★サービス形態がアプリで提供されている等

 

サブスクのメリット

 

サブスクリプション方式「サブスク」を実施する事で、顧客側と企業側の両方にメリットがある。

 

「サブスク」の顧客側のメリット

・定額契約期間中は利用し放題の為、使用すれば使用する程、1回当たりの費用がお得になる。
・利用開始する為のコストが抑制されて利用開始のハードルが下がる。
・モノを持つ必要がない。自宅に物を置くスペースが不要になる。
・満足できなければいつでも解約可能である。

 

「サブスク」の企業側のメリット

・継続的な売上として試算が可能になる。。
・新規の導入障壁を下げて利用者の増加に期待できる。
・多くの業界や業種で導入可能。
・利用者リストや利用統計データが取得でき今後の改善に繋げられる。

 

サブスクのデメリット

 

サブスクリプション方式を実施する事で、顧客側と企業側の両方にデメリットがある。

 

「サブスク」の顧客側のデメリット

・使用しなくても料金は発生する。
・使用しない機能や興味がないサービスも定額料金に含まれている。
・利用開始のハードルが低いので、多くを契約して費用が掛かる。

 

サブスク」の企業側のデメリット

・サービス開始直後のユーザー数が少ないので即利益が出ない。
・新鮮なコンテンツを常に投入する経費が必要。(会員の解約抑制の為)
・新鮮なコンテンツを継続する事が必要。 (会員の解約抑制の為)

 

サブスク(サブスクリプション)の未来は?

 

今年は消費者ニーズが「所有」から「利用」へと移ることによって拡大してきたサブスク市場。

今まで「所有」する事が常識的な商品でも、月額定額料金で使い放題になるサブスク方式が拡大中。

 

「モノ」だけでなく「サービス」にも「サブスク」化は広がっている。

生活に利用するシーンの全てに「サブスク」が2019年は拡大しました。

 

現在のサブスクは「BtoCモデル」が中心です。

未来のサブスクは「CtoBtoCモデル」「CtoCモデル」に進化していくと予測できる。

 

事業者が提供するプラットフォームを介して個人間でモノやスペースなどの貸し借りを行う。

個人間のシェアリングエコノミーが今後さらに進化していくでしょう。

 

次年度は高級志向の消費者が増加する中でサブスクの高級化・高単金化進む。

導入例の「ラクサス」では、高級なバッグを借りるだけでなく、貸すことで収入が得られます。

 

未来はサブスク化できないモノやサービスはなくなると予測される

理由は日本の高齢化と単身者の増加、「持つ」から「借りる」への価値観の変化による。

 

「サブスク」の「アプリ」のカテゴリー

 

サブスクのアプリのカテゴリーは急速に広がっています!

自転車、自動車、家具、バッグ、カメラ、ラーメン、お酒、アクセサリー、英会話、自販機、スーツ、家電製品、本、雑誌、漫画、畑、賃貸住宅、医師への相談、クリーニング、婚活、音楽、映画、TV番組、ゲーム、写真プリント、カフェ、ワークスペース、食品、絵本、おもちゃ、雑貨等。

 

「サブスクの音楽・曲」・「サブスクの飲食」・「サブスクの食品」等のアプリが増加中!

 

サブスク(サブスクリプション)の市場の拡大のポイントは?

 

2018年度のサブスクリプションサービスの国内市場規模の合計は、

エンドユーザーの支払いベースで5,627億3,600万円

 

2023年度のサブスクリプションサービスの国内市場規模の合計は

エンドユーザーの支払いベースで8623億5000万円になると予想されています。

 

今後のサブスクリプションは、顧客にデータに基づく最適な提案をし続けることが重要になる。

生涯に渡って顧客とつながり続ける為に顧客の様々なデータを分析する必要がある。

 

顧客データを活用する事により定額サービスを継続してもらう事が市場の拡大のポイントになる。

 

大手有名サブスクリプション(サブスク)8社

2019年「サブスク」ビジネス大賞決定!

「サブスクの音楽」「サブスクの飲食」「サブスクの食品」等のサブスクのアプリが増加中。

  1. Hulu
  2. Kindle Unlimited
  3. PlayStation Now
  4. Dyson Technology +
  5. MECHAKARI
  6. Laxus
  7. toysub.
  8. welnomi

 

 

産業革命以降、デジタルの世界でサブスクリプションエコノミーが爆発的に拡大している。サブスクは産業革命以降のビジネス歴史の重要な転換点になるでしょう。

 

 

 

 

●出典・参考・引用

ferret

ダイヤモンドオンライン

スマーブ

ニューズウィーク

コメント