デジタルリードとは

デジタルリードお役たちTV情報
デジタルリード

デジタルリードとは

リードとは「潜在的な顧客」「見込み客」を意味する。

デジタルリードとはアナログ的アプローチではなくデジタルアプローチによる「潜在的な顧客」を獲得する事。

企業によって「デジタルリード」という用語の定義は異なる場合がある。

一部の企業では「既に見込み顧客だと判断された連絡先」であるのに対し、他の会社では「コンタクト可能な営業先」と見なしています。

しかし「リード」は将来のクライアントになる可能性があるという点は不変の定義です。

デジタルリードマーケティングとは、アナログではなく、販売プロセスの段階に応じて見込み客との最適なコミュニケーションをとる。

顧客リストからコンバージョンの可能性が高いリスト(リード)を選別していくことを意味する。

デジタルリード育成オンラインチャンネル

見込み顧客と接触できるチャネル

・検索エンジン最適化(SEO)
・検索エンジン広告
・ソーシャルメディア
・ランディングページ
・バナー広告
・アフリエイト広告

デジタルマーケティングとは

人口減少などを背景に将来の国内市場の縮小が予想される中、多くの日本企業が新しい市場開拓や顧客獲得による事業成長の道を模索している。

日本企業が激しいグローバル競争を生き抜くには、デジタル技術を活用してビジネスプロセスやビジネスモデルを変革することが不可欠。

デジタル活用の重要性が高いのがマーケティング。

企業はBtoC(企業対個人)BtoB(企業対企業)の事業にデジタルマーケティングに取り組む必要に迫られている。

顧客を理解するためのデータ分析と顧客の購入意欲を高めるためのコンテンツ提供が重要。

マーケティングでデジタルが重視される背景にあるのは、デジタル技術の進化による消費者の行動の変化である。

例えば商品購入の場合、そのチャネルがオンラインであるか実店舗であるかを問わず、あらかじめ商品に関わる情報を収集し、安く、期待した通りの商品を手にしたいと考える消費者が増えている。

普段からWebサイトで情報収集をしている人は、ビジネスの現場でも同様に情報を収集したいと考える。

その結果、デジタルで武装したスマートな顧客が増えてきたというトレンドが、BtoC企業だけでなく、対面訪問を重視して顧客との関係を築いてきたBtoB企業にも波及している。

企業への問い合わせが電話ではなくメールで届くことが増えてきただけでなく、さらに詳しい商品情報をWebサイトに載せてほしいという顧客からの声が大きくなってきた。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティング

重要業績評価指標(KPI)

重要業績評価指標(KPI)に使用できるマーケティング支援ツール

マーケティング支援ツール

マーケティング支援ツール

デジタルリードエージェンシー

デジタルリードエージェンシー(代理店)の体制

デジタルリード代理店の体制

デジタルリード代理店の体制

 

効率良くコンバージョン向上やリード獲得・育成

デジタルマーケティング

デジタルマーケティング

NTTタウンページ デジタルリード

NTTタウンページがWix.comと業務提携!ホームページ作成サービス「NTT タウンページ Digital Lead Powered by Wix」をリリース

NTTタウンページが独自ドメインのWixサイトを制作、更新作業を代行してくれるサービス

NTTタウンページ デジタルリード

NTTタウンページ デジタルリード

 

[出典・参考・引用]

日経BP

NTTタウンページ、SMB向けホームページ作成事業でWix.comと業務提携 – BCN+R

NTT タウンページ株式会社 プレスリリース

NTT タウンページ デジタルリード

コメント