人気の「サブスク」定額制で『住み放題』の住宅サブスク8選の比較と選び方

定額住み放題のサブスクサイトの比較方法と選び方を解説サブスク比較
人気の「サブスク」定額制で『住み放題』の住宅サブスク比較方法と選び方

 

お悩み博子
お悩み博子

住み放題サブスクって安い?おすすめは?東京には、駅近でマンションタイプ、一人暮らしに最適な安い部屋はある?

 

サブスク博士
サブスク博士

今回は、人気「サブスク」定額制で「住み放題」できる住宅サブスクおすすめ8選の定額サービス内容を徹底的に比較しながら一挙紹介するよ!コスパ抜群で断然安いサブスク住宅住み放題のおすすめも教えるよ!

 

人気急上昇中の”定額住み放題サービス”ってご存知ですか?

アドレスホッパー、ノドマワーカー、フリーランス、おひとり様、旅好きのシニア、若い女性の間のSNSなどで大人気です。

しかし・・・

『住み放題サブスクって安い?』

『サービス内容が分からない?』

『選び方がわからない?』

など、『定額住み放題』って簡単に言っても、ホテル、ゲストハウス、ドミトリー、リゾート型の別荘、賃貸マンション、一戸建て、温泉付きマンションなどのたくさんの種類の定額サービスがあり、いざやってみようと思って調べても迷ってしまう人も多いはす。

そんなお悩み解決します!

そこで本記事では、住み放題できる月額定額サブスクリプションサービスの選び方と、住宅サブスクおすすめ8選を徹底比較しながら一挙紹介していきます!

東京、埼玉、大阪、名古屋、福岡、京都、沖縄などの主要都市に住み放題できるコスパ良く使えて評判の良い節約できるおすすめ定額住み放題のみをピックアップしました。

各社ごとに、おすすめポイントやデメリットや注意点など何が違うのか情報をまとめてみました。「レンタル住宅」、「賃貸住宅」、「住居」編の定額住み放題比較。ぜひ、サービスを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

こんな方におすすめの記事:
・住宅住み放題サービス比較したい
・サブスク住居のメリットやデメリットを知りたい
・おすすめの住宅サブスクを知りたい
・東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄の温泉付きに住みたい
・住み放題サブスクリプションは安い?

記事配信:おひとり様TV

 

『住み放題』住宅サブスクってどんなサービス?安いの?高いの?

『住み放題』住宅サブスクとは?

『住み放題』住宅サブスクとは?

「サブスク」とは、「サブスクリプション(subscription)」の略。住み放題の住宅サブスクとは、月々定額の料金を支払うことで、日本全国の宿泊施設に住み放題できる他拠点居住サブスクリプションサービスの事です。サブスク住居はコスパ抜群で断然安いので大人気です!

 

★人気記事「ホテルに泊まり放題19選比較

「サブスクリプション住宅」は単なる賃貸住宅ではなく、定額料金を支払う事で、好きな場所に好きな時にライフスタイルに合わせて移住できるのが魅力

住宅サブスクリプションは、『好きな時に好きな場所で好きな人と暮らしたい』、『都市と地方の複数の拠点で交互に生活をしてみたい!』、『リモートワークをしながら田舎の自然とふれあいたい!』、『いろんな土地で暮らす人たちと出会い、交流したい!』など、「サブスク」の賃貸はさまざまなライフプランに応じた生活拠点の気軽な変更を可能にします。

 

定額住み放題サブスクサービスの選び方

選び方のポイント

選び方のポイント

『サブスク住宅住み放題サービスを始めてから失敗したくない…』と不安な方もいますよね。ここでは、定額住み放題のサブスクサイトを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。選び方のポイントをチェックして、自分にぴったりのサービスを選びましょう。

1.縛り期間に注意して選びましょう!

「最低〇ヶ月購入しなければならない」という月数の縛りがない場合は問題ありませんが、サブスクリプション(サブスク)の場合は、縛り期間が場合があります。必ず最低利用日数を確認をしてから申込みましょう!以下が社の最低利用期間の一覧表まとめです。

 

定額住み放題比較最低利用期間の一覧
クロスハウス1ヶ月間
ADDress最低利用期間3ヶ月間
※体験プランは1か月間
unito1ヶ月間
20日前迄に退去申請が必要
サヌセカンドホーム3ヶ月間
HafH(ハフ)1ヵ月間
マンスリーホテル2週間
LAC1ヵ月

 

2.宿泊できる拠点数とアクセスも選ぶ時には大切なポイント!

選べる宿泊施設の拠点数も選ぶ時には大切なポイントです。

又、アクセスも併せて選びましょう。以下が社の拠点数の一覧表まとめです。

 

定額住み放題比較拠点数
クロスハウス400拠点以上
ADDress180拠点以上
unito300拠点以上
サヌセカンドホーム5拠点以上
HafH(ハフ)1000拠点以上
マンスリーホテル800拠点以上
LAC40拠点以上

 

3.総費用で比較。無理なく継続できる定額費用で選びましょう!

自分にとって無理せず続けやすい月額料金で選ぶことが大切です。定額住み放題のサブスクは月々料金がかかる定額制ですがプランによって価格はさまざま。

費用は月額定額料金・毎月の共益費・初期費用・清掃料・サービス料金・解約事務手数料といった、総額で検討する必要があります。料金体系はプランごとに異なるため、総額を利用日数で割り、1日にかかる費用で比較する事も大切なポイント。

以下は月額料金以外に必要な費用を項目別にわかりやすく表にしてまとめました。オプションと表記している項目は自分で選択して追加しなければ不要です。

定額住み放題比較月額定額料金以外にかかる費用一覧
クロスハウス■初期費用
シェアハウスの場合:33,000円
家具付きアパートメントの場合:55,000円
鍵の保証金:3,300円~5,500円
■解約時費用
解約事務手数料:16,500円
■共益費
水光熱費込:毎月11000円
ADDress■専用個室の同伴利用(オプション)
13,200円(1ヵ月間)
同伴登録済は1週間迄無料
■ドミトリー専用ベット(オプション)
27,500円(7日間迄)
44,000円(利用制限なし)
■個室タイプ専用ベット(オプション)
27,500円(7日間迄)
44,000円(利用制限なし)
unito■初回登録料
アパートメント:9,800円
■デポジット
1ヶ月分基本料金の60%
サヌセカンドホーム■清掃費
3,300円/1滞在(最大4泊)
■平日以外の宿泊追加費用
土日祝日・祝前日(+5,500円)
HafH(ハフ)■ドミトリーが標準
で個室に泊まる場合
HafHコインが追加必要
125コイン〜
※不要の部屋も一部有
■部屋をグレードUPする
HafHコインが追加必要
125コイン~
マンスリーホテル追加料金不要
LAC個室を選ぶ場合のみ必要

 

サブスク住宅住み放題サービスのメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット&デメリット

住み放題の定額制サービス(サブスクリプション)や居住を探す上ではメリット、デメリットを知っておくと、理解がスムーズになります。選ぶ前に確認してみてください。

3つメリット

1.賃貸住宅より初期費用を抑える事ができる。

2.家具代、水道代、光熱費、ネット回線費用など不要でコスパが良い。

3.保証人が要らないし、退去費用が不要なので利用したい期間のみ住む事ができる。

 

3つデメリット

1.ゲストハウスやユースホステルのようなドミトリータイプの相部屋が多い。

2.東京都内の駅近の宿や沖縄のリゾートなど人気物件は予約が取りにくい。

3.自分好みの部屋にカーテンや家具をコーディネイトできない。

 

サブスクの賃貸住宅「住居」定額住み放題おすすめ8選を一挙紹介!

ここからは、人気の「サブスク」定額制で『住み放題』できる住宅サブスク8選を徹底比較しながら一挙紹介していきます。サブスク住み放題の定額制サービスや居住探しに迷っている方のお役に立てれば幸いです。

※その他2社『サブ住む』は東京では1ヵ月間20万~30万するので除外。『OYO LIFE(オヨライフ)』は新規販売終了で除外しました。

 

★サブスク住宅住み放題サービスを下記の7項目で比較検証
1.【特徴】
2.【おすすめポイント】
3.【デメリット&申込時の注意点】
4.【入居審査の有無】
5.【住民票の登録の可否・保証人】
6.【拠点数とエリア】
7.【料金】

 

定額住み放題の一覧表

相部屋ではなく個室を選んだ場合の税込みの1ヶ月間の比較表です。

住宅サブスク各社公式HP1ヶ月間料金販売状況個室を選んだ場合
クロスハウス89,000円~販売中個室の料金
共益費11,000円含む
ADDress88,000円~販売中個室のオプション料金
+44,000円(税込)含む
1ヶ月間同じ家に住めない
※14日間で移動必要
unito95,800円販売中個室の料金
登録料9,800円含む
※別途デポジットが必要
1ヶ月分基本料金の6
サヌセカンドホーム124,300円~予約待ち休前日・休日料金
5,500円
清掃費
3,300円
上記を含む
HafH(ハフ)82,000円販売中登録料不要
マンスリーホテル60,200円~販売中登録料不要
LAC27,500円販売中登録料不要

 

【結論】

結論は、おすすめ2つです。東京都内で利用するなら「クロスハウス」です。その理由は、東京都内で300物件3500室以上あります。家具家電、調理道具・調味料、清掃サービス付きで、敷金・礼金・仲介手数料0円で住める、シェアハウス、シェアドアパートメント、タワーマンション、家具家電付きのマンション等の種類も多くて、東京定額住み放題サブスクの中でも安いからです。

日本全国住み放題のコスパ抜群のサービスは、「マンスリーホテル」です。その理由は、ホテル長期滞在専門予約サイトだから平均20%割引で滞在できるからです。2週間・1ヵ月・6ヵ月なら断然お得に「サブスク宿泊」できます。東京銀座のオシャレなホステル(相部屋)なら1ヵ月46,400円(税込)宿泊可能。

敷金・礼金・仲介手数料・現状復旧費・備品利用費、手数料、水、光熱費、シャンプー等日用品も全て不要。清掃付きで掃除の手間不要。24時間スタッフが常駐でキュリティも高く女性も安心。Wi-fi完備。都心や駅前など、立地が良くてとっても便利です。

 

マンスリーホテル

住み放題宿泊型サブスク「マンスリーホテル」

住み放題宿泊型サブスク「マンスリーホテル」

長期滞在専門予約検索サイト

特徴

サイト内には、長期利用が可能なホテルのみが掲載され、現地決済にも対応。1泊当たりの宿泊値(ADR)の最安値より20%以上割引したお得なプラン。会員登録費や水光熱費など無駄な手数料もかかりません。最短翌日から予約が可能。

おすすめポイント

手ぶらでOK!

・シャンプーや日用品も不要です。
・水道光熱費不要でWi-fi完備。
・敷金・礼金・仲介手数料・現状復旧費・備品利用費や手数料等が全て不要。

とにかく便利!

・都心や駅前などアクセス抜群。
・清掃付きで掃除不要。
・24時間体制のスタッフでセキュリティ面で女性も安心。

デメリット&申込時の注意点

・18歳未満は利用不可
・一人でも二人でもダブルやツインの部屋は料金が同じ事

入居審査の有無

住民票の登録の可否

住民票の登録は不可。連帯保証人不要。

エリア&拠点数

国内外で700以上の宿泊施設を定額利用可能です。泊まれる施設は、ビジネスホテル、リゾートホテル、旅館、一棟貸し、ゲストハウスなど幅広い。

縛り期間

最低利用期間は2週間

月額定額料金(税込)

[例]2022年3月1日~末日(1ヵ月)の予約(※2022年2月3日予約時点)

東京(新宿)IMANO TOKYO HOSTEL ドミトリー 1ヵ月39,900円(税込)~

東京(上野)サットンプレイスホテル上野 ダブル個室 1ヵ月90,000円(税込)~

こんな方におすすめ

・東京エリアで都心や駅前など、アクセス抜群な立地に住みたい方
・沖縄の那覇やリゾートホテルに泊まりたい方

HP

monthlyhotel(マンスリーホテル)

 

クロスハウス(Xross house)

部屋の移動が無料の賃貸マンション型おすすめ住宅サブスク!

住み放題の住宅サブスク「クロスハウス」

住み放題の住宅サブスク「クロスハウス」

クロスハウスはシェアドアパートメントの定額住み放題サブスクリプションサービスです。

東京都内を中心に、シェアハウス、個室や格安ドミトリーがあり都内好立地の最寄り駅から近い場所に、家賃3万~家具家電付きで住めます。利用者は定額の料金を支払うことで同タイプの部屋を利用することができます。

シェアドアパートメントって何?

シェアドアパートメントとは、アパートメントのように、プライバシーを確保しつつ、水回りを共有する事で家賃を抑えることが出来る新しいタイプの住宅物件の事です。従来のシェアハウスのような“リビングでみんなと交流!”という形ではなく、全室が個室で、個室内にテレビ、冷蔵庫、ベッド、机、収納スペースなど、生活に必要な家具・家電が備え付けられているため、水回りやキッチン以外は個室内で完結できるようになっています。

おすすめはの部屋は?

クロスハウスの物件には、XROSSシリーズと、SA-XROSSシリーズがありますが、その中でも「SA-XROSSシリーズ」がおすすめ!その理由は、「SA-XROSSシリーズ」は全物件新築、一軒家タイプで全室が個室のシェアドアパートメントタイプです。個室内に生活必需品は全て揃っているので、手ぶらでOK!リビングのがないので交流が苦手な方におすすめです。

特徴

東京都内の駅近に住み放題サブスク!何度でも無料でクロスハウスの物件内は再契約の必要なしで移動可能です。家具家電、調理道具・調味料、清掃サービス付きです。敷金・礼金・仲介手数料0円でテレワーク利用にも最適です。手間な来店不要でネットで完結できる!

おすすめポイント

1.「wifi完備」
2.「保証人なし契約可能」
3.「仲介手数料、敷金・礼金なし」
4.「1ヶ月毎に契約可能」
5.「住民票取得可能」
6.「最短1ヶ月から入居可能」
7.「冷蔵庫・家具家電付き部屋も有」
8.「家賃支払いもクレジットカードで可能」
9.「300物件3500室の物件間の移動が無料」
10.「調味料・生活備品無料・週1回の清掃サービス 」
11.「新宿・渋谷・池袋・上野品川・横浜まで20分以内の物件多数」

詳細情報

1.【初期費用が安い】

敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円!初期費用3万円のみ。

2.【家賃が安い】

東京なのに、家賃が3万円~ ※別途共益費1万円(水光熱費込)

3.【物件数が多い】

家具家電付きシェアハウス300物件、3,500室以上で東京の人気エリアにアクセス抜群!

4.【選ばれやすい部屋】

一番人気の『シェアドアパートメント』は、新築・築浅の物件で、全室鍵付き個室。個室内にテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が備え付け。共用部は最低限の水回りのみ。

5.【サービス】

1ヵ月から契約可能で保証人不要。共用部清掃サービス/トイレットペーパー・調味料・ゴミ袋などの備品の無料補充。物件間の移動無料でWEB入居申し込み。土日祝も営業で日英韓中対応可。

6.【地方や海外の方】

新入生や新卒の上京者の方にもおすすめ!来店不要でWEB申し込み可能、保証人不要、1ヵ月~入居可能なため、地方学生・就活生・新卒の日本人や、短期留学・ワーキングホリデーで来日する外国人に人気。

7【企業の寮/社宅】

一般賃貸と比較して初期費用と家賃が安く、清掃/メンテナンス/入居者クレーム対応などの管理業務を当社に一本化できるため、コストと時間を削減できる。寮・社宅をお探しの企業(※シェアハウス入居者年齢制限:18歳~39歳まで)

デメリット&申込時の注意点

敷金・礼金・仲介手数料はかかりませんが初期費用は必要です。
シェアハウスの場合:33,000円
家具付きアパートメントの場合:55,000円
鍵の保証金:3,300円~5,500円

入居審査の有無

入居審査は有り。

住民票の登録の可否

住民票の登録は可能。連帯保証人不要。

エリア&拠点数

300拠点以上。東京都を中心に池袋・新宿・渋谷・原宿エリア・世田谷・杉並・中野・高円寺・葛飾・中央区・上野・秋葉原・埼玉・品川・大井町・練馬・北区・板橋・神奈川・大田・多摩・武蔵小杉・江戸川・荒川・足立・大阪などが人気エリアです。

縛り期間

最低利用期間は1ヵ月間

料金(税込)

ドミトリーや個室といった部屋タイプごとに料金が設定。サービスが提供している部屋なら、何度でも移動料金は無料で移動が可能。

初期費用
・シェアハウス 33,000円
・家具付きアパートメント 55,000円

月額料金
・ドミトリー 32,780円
・セミプライベート 43,780円
・個室 57,200円
※各プランとも上記にプラス共益費11,000円必要

■解約時費用
解約事務手数料が16,500円(税込)必要。

こんな方におすすめ

・住民票を登録したい方
・東京の駅近にできるだけ安く住みたい方

公式HP

★「SA-XROSSシリーズ」が断然おすすめ!新築・築浅物件で全室鍵付き。

【公式】シェアドアパートメント『クロスハウス』

 

ADDress(アドレス)

定額44000円で全国にある空き家や別荘をリノベーションした定額住み放題サービス

住み放題の住宅サブスク「ADDress」

住み放題の住宅サブスク「ADDress」

「ADDress(アドレス)」は多拠点コリビング(co-living)のサブスクリプションサービスです。空き家、シェア、温泉付きもある、全国住み放題のサブスクサービス。

特徴

家を所有するのでも賃貸として借りるのでもなく「利用する」ためのサービスであるのが特徴で全国の家を巡りながら生活できる。地域や家守、会員同士の交流が楽しめるのも魅力の一つです。審査あり。1軒屋家で台所が共有で部屋が個室のシェアハウス型です。

おすすめポイント

温泉付き住宅や沖縄も定額住み放題できる。都会も好きだけど田舎も好き、古民家や別荘、海や山の近くなど、あなたのライフスタイルに合わせた暮らし方が叶います。

デメリット&申込時の注意点

・縛り期間有り!契約期間は1年間で最低利用期間が3ケ月間で利用しなくても合計132,000円が最低必要です。

同じ家の連続予約は7日分が上限でその後空室があれば7日分予約できるが連続で同じ家に滞在できる期間は合計14日間が上限で一旦違う家に移転しなければならない。

1ヶ月単位での契約ができない。気に入った家に1ヵ月間連続では住めないので移動費がかさむ。

・同じ家で長期滞在したい人には向いていない。

入居審査の有無

入居(入会)審査は有り。オンライン面談も有り。

住民票の登録の可否

住民票の登録は可能。連帯保証人不要。

エリア&拠点数

180拠点以上。全国47都道府県の市近郊、⾃然や歴史が豊かな地⽅の登録拠点に、どこでも定額で住むことができるサブスクリプション型の多拠点居住サービスです。

縛り期間

最低利用期間は3ヵ月間

月額定額料金(税込)

月額定額44,000円(税込)で光熱費込・敷金・礼金・補償金などの初期費用不要。登録者1名のみ追加費用なしで一緒に利用可能。お試しプラン54,000円&たっぷりプラン88,000円もあり。

会員料金に含まれる内容一覧
・電気・ガス・水道代
・ネット回線(wifi)通信費
・共有設備(バス・シャワールーム、コワーキングスペース)利用費
・キッチン電化製品利用費(電子レンジ、冷蔵庫、トースターなど)

■会員料金に含まれない内容一覧
・バスアメニティ(シャンプー、リンス、石鹸、タオル)
・洗濯機・乾燥機の利用、キッチンでの調味料(1回100円~300円程度)

■同伴者も利用可能
会員同伴であれば下記の1と2のどちらかは追加費用なしで利用できる。
1.登録した2親等以内の家族(事前登録制・収容人数内で何名でも利用可能)
2.家族以外のパートナー1名(契約時に登録する、変更可能)

★専用ベッドプランのオプションあり

専用ベッドプランとは、追加でオプション料金を払うことにより利用できる自分専用のベッドサービスです。専用ベッドの最低契約期間は3ヶ月です。ドミトリタイプと個室タイプの2種類があり住民票を移すことも可能です。同伴者の利用料金は+13,200円必要。

※専用ベッドプランにはドミトリーと個室タイプがあり、料金や持ち込める荷物の量が異なります。
・予約ベッドの月の利用日数制限なし:オプション料金+44,000円
・予約ベッドの利用は月に7日間まで:オプション料金+27,500円

※ドミトリ、個室のオプション料金は家によって異なります。

専用ベットプラン比較表

ドミトリータイプ個室タイプ
状態二段ベッドの上または下で、他会員との相部屋個室
持ち込める荷物スーツケース1個分
(3辺の合計が、157mm以内)
制限なし
(お部屋に置ける程度のもの)
住民票登録
セキュリティボックス
料金専用ベッドの利用は
月に7日まで
ドミトリーのオプション料金
+27,500円(税込)
個室のオプション料金
+27,500円(税込)
月間の専用ベッド
利用制限なし
ドミトリーのオプション料金
+44,000円(税込)
個室のオプション料金
+44,000円(税込)

 

★契約形態&期間は?

利用には共同賃貸借契約を締結が必要。初期費用は一切不要。契約開始日から7日以内かつ利用履歴がない場合に限り料金の発生なくキャンセル可能。事前に公的書類による本人確認や反社チェック、オンラインによる入会審査が有。

項目内容
敷金0円
礼金0円
保証金0円
契約期間1年毎(最低利用期間は90日)

 

★予約ルールの注意点は?

一度に14日間までの予約しかできない。

★注意点としては、同じ個室の連続予約は、最長7日間までとなります。
(8日目以降も空いていれば、同じ個室に最大14日まで予約を足していく)

★滞在して日数を消費すると、その分14日間の上限までの新たな予約が可能。予約可能残日数は、会員専用の予約サイトで表示されているため、あと何日分予約可能かはわかる状態です。

★休会制度は?

有り。休会期間は1ヶ月単位。(月途中からの休会は不可)休会回数は契約期間中に6回迄ですが1年間の会員契約更新時に回数制限がリセットされます。
休会期間は申請日によって以下のように異なります。
・申請日が月の1日~25日:翌月の1ヶ月間
・申請日が月の26日~月末:翌々月の1ヶ月間

こんな人におすすめ

・同伴者も一緒に住みたい方
・住民票登録をしたい人方

公式HP

ADDress(アドレス)

 

SANU 2nd Home(サヌセカンドホーム)

湖や山に近い別荘に月額定額で住み放題できるサブスクリプションサービス!

定額制で別荘に住み放題サブスク「サヌセカンドホーム」

定額制で別荘に住み放題サブスク「サヌセカンドホーム」

東京から自然の中で生活を営むための別荘としてのセカンドハウスとして利用する方に人気。

特徴

東京から車で片道2~3時間で通えるアクセスが楽で自然環境が抜群な関東近郊の別荘地。日本の国立公園や国定公園内や近くにあり自然豊かな静かな環境で過ごすことができストレス解消に最適です。

おすすめポイント

大自然の中で田舎暮らしの新しい体験ができる。週末別荘暮らしは、自分の趣味に没頭できるという所も嬉しいポイント。

デメリット&申込時の注意点

・金・土・日・祝日・祝前日は追加料金1泊1部屋5500円が必要になる。

・1滞在に清掃費が3,300円必要

・1滞在が4泊迄

・最低利用期間が3か月間で利用しなくても合計165,000円は必要です。

入居審査の有無

入居審査はなし。

住民票の登録の可否

住民票の登録は不可。連帯保証人不要。

エリア&拠点数

拠点数は5拠点45棟。2021年11月には「白樺湖1st」、「八ヶ岳1st」の2拠点5棟を開業し、2022年春頃までに、さらに「山中湖1st」、「白樺湖2nd」、「八ヶ岳2nd」、「北軽井沢1st」、「河口湖1st」 5拠点45棟の開業を予定。

縛り期間

最低利用期間は3ヶ月

料金

スマホひとつで月額5.5万円(税込)のサブスクに登録することで、都心から片道2時間程度の好アクセスな自然立地にあるキャビンを自由に選んで滞在できる。

月額定額料金:55,000円(税込)
※金・土・日・祝日・祝前日(+5,500円)
清掃費:3,300円/1滞在(最大4泊)

こんな方におすすめ

・別荘として利用したい方
・湖や山に住みたい方

公式HP

SANU 2nd Home(サヌセカンドホーム)

 

Living Anywhere Commons(LAC)

北海道から沖縄まで1ヵ月間27,500円で定額住み放題できるコスパ最強の定額サブスク

定額住み放題『LAC』

定額住み放題『LAC』

ドミトリーに泊まり放題できるLACは、wi-fiや電源などを完備したワークスペースとキッチン、シャワー、宿泊ルームなど長期滞在を可能にしたレジデンススペースからなる複合施設です。これら全国に点在する拠点を、自分のタイミングで、自分のスタイルに合わせ、自由に定額住み放題可能です。

特徴

地域への造詣が深いコミュニティマネージャーが常駐し、定期的にメンバー参加型のイベントを企画があり。メンバー自身で自由に企画やオープンイベントを開催することも可能です。山梨県と長野県に跨り、日本百名山の一つである八ヶ岳のキャンプ場に泊まり放題できるのも楽しいですね。

おすすめポイント

とにかく安い!登録料金も不要で解約手数料金もなし、1ヶ月間27,500円(税込み)の場合は、30日間で割ると1泊あたり約917円です。ドミトリーの相部屋ですが、他の宿泊客がいなければ個室と同じですね。

デメリット&申込時の注意点

・相部屋が中心で個室は少ない
・個室は追加料金が必要

入居審査の有無

住民票の登録の可否

不可

エリア&拠点数

北海道から沖縄まで40拠点以上。

縛り期間

1ヶ月間

月額定額料金(税込)

利用ペースに合わせて選べる3つのお支払い方法が有。

●月額定額サブスクプラン
月間6日以上利用するなら定額払い。月額固定でどこでも何度でもOK!
1ヶ月間、泊まり放題&住み放題
27,500円
●都度払い
お試し1回利用:6600円
回数券払い
5回分:27,500円
11回分:55,000円
35回分:165,000円
60回分:275,000円
120回分:550,000円

こんな方におすすめ

・最も安い定額住み放題を探している方
・ドミトリー(相部屋)でも気にしない方
・田舎暮らしをしたい方

公式HP

LAC

 

HafH(ハフ)

都会だけでなく、沖縄や北海道にも宿泊し放題できる定額サービス

住み放題宿泊型サブスク「HafH(ハフ)」

住み放題宿泊型サブスク「HafH(ハフ)」

HafH(ハフ)は、日本全国や世界中で利用可能!1つの場所に住むことにとらわれず、世界中を旅するように働く人々におすすめ!

特徴

敷金・礼金・保証金・契約金など追加費用は一切なし。1年契約などの縛りもなく、1ヶ月単位で住むことができて、光熱費・wi-fi・家具も全て込です。

おすすめポイント

日本の47都道府県の全てで拠点があります。HafH専用アプリ(Happli)は、Messenger機能が追加され、滞在予約をした施設やカスタマーサポートと、直接、気軽にやり取りできるので超便利です。

デメリット&申込時の注意点

・18歳未満は利用不可
・相部屋が中心で個室は少ない
・高級ホテルも利用できるが月額料金にコインが追加で必要

入居審査の有無

住民票の登録の可否

不可(会議室や登記OKの貸しオフィスも併設したHafHの新規直営拠点「HafH Goto The Pier」が長崎にできました)

エリア&拠点数

国内外で1,000以上の宿泊施設を定額利用可能です。 星野リゾートホテルOMO・BEBブランド13施設なども次々に追加されています。

縛り期間

1ヶ月間

月額定額料金(税込)

●ライト
2,980円
1泊まで宿泊可能
毎月50コイン付与
●スタンダード
新規登録限定8,820円!2ヶ月目以降は月額9,800円
3泊まで宿泊可能
毎月200コイン付与
●スタンダードプラス
15,800円
5泊まで宿泊可能
毎月350コイン付与
●プレミアム
30,800円
10泊まで宿泊可能
毎月750コイン付与
●プレミアムプラス
82,000円
上限なし
毎月2000コイン付与

こんな方におすすめ

・日本や世界中を安く旅をしたいフリーランスやアドレスホッパーの方
・多拠点オフイスを利用したいノドマワーカーの方
・定年後の時間に余裕があるシニアの方

公式HP

HafH(ハフ)

 

unito(ユニット)

東京の駅近で住み放題できるマンション型の住宅サブスク!

住み放題の住宅サブスク「unito」

住み放題の住宅サブスク「unito」

部屋を利用しない日は、貸し出すことで、家賃が下がる。外泊する泊数分家賃が安くなる「リレント」という機能が有り。お休みの日は、埼玉や神奈川・千葉などに住んでいて平日は会社近くに住みたい方に人気。

特徴

東京エリア中心に多くの物件があり、平日だけ利用したいなどプランを選択可能。帰らない日分家賃が下がるリレント機能も利用可能。最短契約期間は1ヶ月間から。

おすすめポイント

東京都内の渋谷駅や池袋駅など最寄り駅から徒歩10分以内でコワーキングスペース・コインランドリーなどの便利設備が完備されたアパートメント・マンションが多いのがおすすめポイントです。

デメリット&申込時の注意点

・縛り期間あり。最低契約期間は1ヶ月間(例10月16日に入居の場合、最短の退去可能日は11月15日)退会は解約希望日の10日前までの申請が必要です。正し1週間のお試しがHPから申請すれば可能です。
・住民同士でunitoアプリで交流できるので仕事の人脈作りや異性との出逢いが期待できるがコミュニケーションが苦手な方にはデメリットのサービスです。
・外泊してリレント収入を取得する場合は、24時間以上前にスマホで事前申請する必要があり。
・部屋タイプはシェアハウスと違って相部屋ではなく個室で安いですが狭いのがデメリット。
・1ヶ月基本料金に税金とサービス料7%が必要なので高くなる。

入居審査の有無

入居の審査は無。保証人は不要。

住民票の登録の可否

住民票の登録は可能。連帯保証人不要。

エリア&拠点数

東京23区(新宿・池袋・渋谷・恵比寿・目黒・品川・千代田・上野・銀座・汐留エリア)を中心に13都道府県(東京・大阪・神奈川・京都・福岡・名古屋・神戸など)に300以上の拠点数で展開中。

縛り期間

最低利用期間は1ヵ月間

料金

『お試し滞在有』いきなり1ヶ月契約するのは不安な方は1泊から現在検討中の部屋に滞在できる(申請フォームから申請が必要)

●初期費用
・初回登録料(アパートメント):9,800円
・デポジットが必要:1ヶ月分基本料金の60%(退去時に部屋に問題なければ返金される)

月額料金
・住む部屋、住む日数、リレント割引によつて異なります。
・最低契約期間は1ヶ月間(例10月16日に入居の場合、最短の退去可能日は11月15日)

メイン拠点プラン:利用しない日を申請することで、料金が差し引かれるリレントが導入されたプラン。(旧:帰らない日は家賃がかからない家)月10日間以上利用できる部屋を持ちたい方
サブ拠点プラン:利用する日を申請し、その日数分の料金を支払うプラン。月5~10日間だけ利用できる部屋を持ちたい方。
マンスリープラン:1ヶ月からの契約で家具家電つきの部屋をもつプラン。毎日利用できる部屋を持ちたい方。

こんな方におすすめ

・東京エリアでマンション型の物件に住みたい方
・狭くてもいいので個室に住みたい方

公式HP

unito(ユニット)

 

サブスクリプション型住居と賃貸の違いは?

賃貸物件の場合は、物件の内容や契約条件を確認してから一つの物件を借りる賃貸借契約を締結をして、契約期間中はそこに住まないといけません。いったん契約を締結した後に一方的に解約を申し出ても、それが認められるとは限らず、違約金等が発生する可能性もあります。

しかし、サブスクリプション住宅の場合は「賃貸借契約」ではありません。「利用契約」なので毎月定額料金を支払う事により、サブスクリプション住宅を運営する会社の管理物件にいつでもどこにでも住むことができます。

つまり、サブスクリプション型住居と賃貸の違いは「利用契約の種類」が違う事です。

 

定額住み放題をおすすめする人は?

定額住み放題をおすすめする人

定額住み放題をおすすめする人

定額住み放題サブスクがおすすめな人の特徴を以下にまとめました。

・自宅以外の拠点としてリモートワークしたい人。
・複数の生活拠点が欲しい人
・移住を考えたいので、どこの地域が自分に合うか知りたい。
・好きな時間に気に入った場所で暮らしてみたい人
・いろんな人たちとの交流を楽しみたい人
・旅をしながら様々な地元の文化とふれあい人
・一人暮らしをコスパ良く体験したい人

住み放題定額サブスクリプションサービスはコスパ最強!で大人気です。

 

住み放題サブスクリプションのよくある質問(FQA)

住み放題サブスクリプションのよくある質問

住み放題サブスクリプションのよくある質問

Q1:定額住み放題サブスクリプションって?

A1:月額定額制の課金で、いつでも住み放題できる住宅の定額サービス。 運営会社の物件であれば移動は自由です。賃貸住宅のように退去費用は不要です。

Q2:デメリットは何?

A2:デメリットは利用していなくても月額定額料金が発生する事です。

Q3:保証人はいるの?

A3:基本的には全てのサービス会社は、保証人は不要です。

Q4:家具やベットは部屋にある?

A4:エアコン、照明器具、家具、マットレス、ベッドなど基本的な生活に必要な物は備えられいます。

Q5:自分が持っている一つのデバイスしか読めないの?

A5:各社によつて違いますが、スマホやタブレットなど合計5台~10台の間で複数のデバイスで利用可能です。

Q6:敷金や礼金はいるの?

A6:敷金・礼金・保証金などの不動産を借りる際にかかる費用は必要ありません。

Q7:WI-fi料金は別で支払うの?

A7:インターネット回線に関しては物件の契約料金に含まれています。

Q8:入居の際に審査はあるの?

A8:ほとんどのサービスでは申し込みの際に免許証・保険証を提出して審査が必要です。

 

【まとめ】

【まとめ】

【まとめ】

サブスクリプションサービスの増加によって、多くの人々が多様なライフスタイルを選択できるようになりました。世界的に物を「所有」するのではなく、物やサービスを「利用」することや、利用時の「体験」に価値を置く考え方に変化してきたことで注目されるようになりましたね。

住み放題にピッタリの定額サービスは契約内容でかなり異なるので、この記事を読むことで自分のライフスタイルに合ったサービスを見つける際の参考になれば幸いです。

 

●画像出典

HafH(ハフ)

unito(ユニット)

クロスハウス

ADDress(アドレス)

SANU 2nd Home(サヌセカンドホーム)