【交通機関×サブスク】電車・バス・タクシー・シェアバイクが乗り放題のサブスク

【交通機関×サブスク】電車・バス・タクシー・シェアバイクが乗り放題のサブスクサブスク比較
【交通機関×サブスク】電車・バス・タクシー・シェアバイクが乗り放題のサブスク

【交通機関×サブスク】月額定額料金で電車・バス・タクシー・シェアバイクなどの交通(移動手段)が好きなだけ乗り放題の交通機関のサブスクリプション(サブスク)「MaaS(マース)」が日本進出!

 

MaaS(マース)とは?

 

MaaS(マース)とは、Mobility-as-a-Service(サービスとしてのモビリティ)の略称で、月額固定料金を支払うと、公共交通機関(電車・バス)のほか、タクシー、レンタサイクル、シェアバイク、レンタカーなどを好きなだけ利用できる、交通のサブスクリプション方式のサービスです。

 

MaaS(マース)を直訳すると「サービスによる移動」という意味。そして「人やモノの移動=サービス」としてとらえる新しい概念とも考えられます。世の中に存在するあらゆるモビリティ(移動手段)を、統合されたひとつのサービスへと進化させる新しい概念が「MaaS(マース)」です。

 

フィンランドのMaaS Global(マース・グローバル)は、電車・バス・タクシー・シェアバイクなど、複数の交通手段をワンストップで提供するMaaS型モビリティサービスを世界で初めて立ち上げたスタートアップ企業です。

 

フィンランドが先進国

フィンランドでは、運輸通信省の支援のもと、スタートアップ「MaaS Global(マース・グローバル)」社が、世界有数のMaasアプリと評判の「Whim(ウィム)」というプラットフォームサービスが提供されています。

 

三井不動産のMaaS(マース)

引用:三井不動産のMaaS(マース)

引用:三井不動産のMaaS(マース)

 

三井不動産は、シームレスな移動で生活圏(コミュニティ)を広げる “不動産×MaaS”始動!日本初「マンション住民向け複数交通機関のサブスクリプションサービス」「不動産×MaaS」の第一弾として、2020年9月に柏の葉エリアにて実証実験を開始いたしましたが、12月15日から日本橋エリア、12月21日からは豊洲エリアにおいても実証実験を開始!

三井不動産のMaaSの特徴

引用:三井不動産のMaaS(マース)

引用:三井不動産のMaaS(マース)

各地域で必要とされるMaaSは、画一的ではなく、物件・地域ごとの特徴を踏まえたサービス提供が重要です。三井不動産の目指す「不動産×MaaS」においては、地域個別に最適なサービスパッケージを提供します。三井不動産のアセットを含む、街の魅力コンテンツ(目的地)に向けて、個人最適な移動をMaaSで実現します。

詳しくは三井不動産HPをご覧ください。

 

日本のMaaS(マース)関係業界の動向

日本動向

詳しくは、総務省「次世代の交通MaaS」をご覧ください。

詳しくは、国土交通省の「MaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス) について」をご覧ください。

 

(1)JR東日本

2017 年 9 月、交通事業者、国内外メーカー、大学、研究機関などが参加、連携し、社会課題の解決に取り組むことを目的に、「モビリティ変革コンソーシアム」を設立。3 つのワーキング・グループ(WG)を設置し、Door to Door推進WG において都心地域等におけるマルチモーダル・サービスを検討。

詳しくはJR東日本HPをご覧ください

 

(2)小田急

2018 年 4 月、「中期経営計画」で、次世代モビリティを活用したネットワークの構築で将来像に「多様なモビリティサービスを 1 つのサービス(MaaS)として利用者に提供」との文言を盛り込む。MaaS の発展に、基本サービス(経路案内、運行情報、予約・決済)+付加的サービス(ホテル・商業などの情報・手配)を記載。

詳しくは小田急HPをご覧ください

 

(3)トヨタ自動車

2018年1月、CES2018(米国ラスベガス開催)でモビリティサービス専用EV 「e-Palette concept」を発表。自動運転を見据え、様々なサービスを提供する事業者に応じた、モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)の構築を推進するとしている。

詳しくはタヨタ自動車のHPをご覧ください

 

 

 

●出典・参考・引用

 

三井不動産MaaS