【2022年】傘のサブスク比較!定額制で傘が使い放題と都度購入はどっちが安い?

【2022年】傘のサブスク比較!定額制で傘が使い放題と都度購入はどっちが安い?サブスク比較
【2022年】傘のサブスク比較!定額制で傘が使い放題と都度購入はどっちが安い?

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスの意味です。

サブスクとは何?「サブスク」意味とメリットは?

厳選!おすすめサブスクリプション比較 【100カテゴリー・470社】はこちら

 

傘のサブスクってどんなサービス?

キャンピングカーのサブスクってどんなサービス?

サブスクは「サブスクリプション(subscription)」の略。傘のサブスクとは、定額制の料金を支払う事でビニール傘が定額レンタル使い放題できるサブスクリプション方式のサービスの意味です。駅や店頭にアイカサスポット(傘立て)があるので、そこから傘を定額レンタルして、使わなくなったら返却することができ、傘の設置場所がアプリで確認できるので便利です。

 

傘のサブスク『アイカサ』

傘のサブスク『アイカサ』

アイカサとは?

「アイカサ」とは、 2018 年 12 月にサービスを開始した、『Nature Innovation Group』が展開するシェアリングサービスで、レンタルスポットを設置してある場所であればどこでも傘を借用、返却できるサービスです。
スマホアプリ一つでその場で簡単に傘を借りられ好きな場所で返却でき、環境にもやさしい次世代のサービスとして、2022年 4月現在で、 登録ユーザー数は 25 万人を突破しました!

目的は?

急な雨の日に「使いたいときだけ」傘をレンタル。必要がなくなれば好きなスポットで返却し”手ぶら”で移動。傘をIoT化した新しい傘システム「アイカサ」は年間およそ8000万本と言われているビニール傘の廃棄を傘をシェアすることで削減し、人々の移動を快適にし、クリーンでエコな社会づくりを目指しています。2018年12月からサービスをスタートし、現在では全国に約800ヶ所の傘レンタルスポットを設置し、24時間70円という低価格で気軽に傘を利用することができます。<システム>

システムは?

公式アプリをダウンロードしたスマホにクレジットカードか電子決済で決済登録をしたら、最寄
りのスポットでレンタル用QRコードを読み取ることですぐに傘が利用できます。
24時間70円(税込)で、同月内なら何日借りても420円で課金上限がストップするなど、低価格で、環境にもよくオシャレで丈夫な傘がレンタル可能。雨が止んだらお好きなスポットで再度QRコードを読み取ればすぐに返却完了し手ぶらで移動OK。
しかもアイカサの傘は壊れても傘骨1本から修理可能なリペアブル傘。使いやすく環境に良い誰もが使いたくなるシェア傘を提供しています。

設置場所は?

駅、商業施設、コンビニ、飲食店などに設置されています。

特徴は?

発的な雨にもビニール傘をその都度購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴です。

素材は?

暴風にも耐えられるグラスファイバー素材が使われています。

修理はできるの?

傘の骨が1本折れてしまっても、1本だけ取替可能な仕様になっています。何度もリペアできるので、使い捨てのビニール傘を減らせます。

利用料金は?

利用料金

2つのプランがあります。

基本プランは、24時間で70円です。24時間を超えた場合は、24時間ごとに70円がかかります。ずっと借りっぱなしになっても420円。

使い放題プランは、1ヶ月つかっても使わなくても280円かかるプランです。

傘をなくしたら?

傘を紛失してしまった場合は、合計864円の支払い義務が発生します。

使い放題プランと420円プランの違いは?

使い放題プランは利用するしないに関わらず毎月280円(税込)がかかりますが、返却を気にせず使い放題ができる格安プランになります。
420円は、同月内の課金上限になりまして、翌月まで傘を借りっぱなしですとまた翌月1日から日額70円のご料金が加算されますが、返却されましたら課金はストップいたします。ご利用スタイルに合わせてお選びください。

解約するには?

アプリのマイページより「アカウント情報」にお進み頂き、最下部にある「アカウント削除・退会」で解約できます。使い放題プランの解約は、マイページの「プラン変更」より”通常プラン”に切り替えます。

傘が台風などで壊れたら?

別の傘をレンタルできます!それからお問い合わせ窓口まで連絡します。

設置場所は?

現在アイカサのサービスは東京・横浜・大宮・名古屋・奈良・大阪・神戸・奈良・岡山・水戸・福岡・佐賀にてサービスを導入中です。

利用方法は?

利用方法

★エリアによって違います。

【東京・横浜・大宮・名古屋・奈良・大阪・神戸・奈良・岡山エリアで利用する方】

①アプリをダウンロードする(アプリストアで「アイカサ」を検索)
②アプリにログイン
③『アイカサを借りる』を選択
④アイカサスポットに表示されているQRをスキャン
⑤傘をロックの手前まで持ってくる
⑥鍵が開くので、傘を受け取ってご利用ください
アプリ版レンタル方法はこちらから詳しく確認できます。

【水戸・福岡・佐賀エリアで利用する方】

①アプリをダウンロードする(アプリストアで「アイカサ」を検索)
②アプリにログイン
③『アイカサを借りる』を選択
④借りたい傘の持ち手部分に表示されているQRをスキャン
⑤傘の暗証番号3桁が届くので、そちらを合わせていただくと鍵が開くので、
そのままご利用ください

※もし暗証番号に合わせても開かない傘の場合、一旦その傘を返却いただき、スポットにある別の傘をご利用いただき、アイカサお問い合わせ窓口まで開かなかった傘のQRコード部分の写真と共にご連絡いただけますと幸いです。

返却方法は?

★エリアによって違います。

【東京・横浜・大宮・名古屋・奈良・大阪・神戸・奈良・岡山エリアで利用する】

①アプリにログイン
②『アイカサを返す』を選択
③アイカサスポットに表示されているQRをスキャン
④傘をロックの手前まで持ってくる
⑤鍵が開くので、傘を奥まで戻してください
アプリ版返却方法はこちらから詳しく確認できます。

【水戸・福岡・佐賀エリアを利用する方】

①アプリにログイン
②『アイカサを返す』を選択
③アイカサスポットに表示されているQRをスキャン
④傘を傘立てにかけて返却

※もし返却できているか不安な場合、アイカサユーザーIDと共にアイカサお問い合わせ窓口までご連絡いただけますと幸いです。

利用方法の動画(60秒)

 

他社と比較した場合の取組のポイントは3つ

1.地方創生SDGsの視点

日本全国にアイカサスポットを設置し、エリアオリジナルのデザイン傘を作ることにより地域密着の傘シェアリングサービスを提供しています。住み続けられるまちづくりや気候変動に具体的な対策を目標に、使い捨て傘を削減し、地域を綺麗にエコで便利なアイカサを観光地、地方都市でも展開しています。

2.ステークホルダーとの連携

人々の移動の始点やハブになる鉄道、不動産(オフィスビル、マンション、シェアハウス等)、商業施設などを運営する企業と積極的に連携し、より多くのユーザーに認知してもらうこととより便利に快適に利用してもらっています。また、同時に傘表面を広告として活用することで多数のオリジナルデザインの傘を作り協業企業の認知向上と街を彩る使いたくなるシェア傘を提供しています。

3.モデル性・波及性

まず、日本で初めて本格的にITを取り入れた傘の貸し出しサービスを展開しました。スマホを使って利用登録をすることと課金制のモデルで「傘のシェアリング」が可能になりました。よくある貸し出し傘は傘が返却されないことが課題でしたがアイカサでは返却率は99%以上。また、駅や商業施設など人々が多い場所にスポットを設置することで視認性向上やSNSと連動したアプリなどで多くの認知度を得ることができ、1年でユーザー登録りつ100倍の成⾧を達成しています。

 

最新情報

最新情報

2022年6月の最新情報JR東日本では、順次整備を進めていた中央(快速)線 東京~高尾駅間の全駅および、中央・総武(各駅停車)線 秋葉原~三鷹駅間の全駅で利用が可能に!

2022年4月14日(木)吉祥寺
2022年4月21日(木)三鷹・武蔵小金井・国分寺・立川・日野・豊田・八王子
2022年5月19日(木)西国分寺・国立・西八王子・高尾
2022年5月20日(金)武蔵境・東小金井

 

公式HP

アイカサ

 

傘のサブスク比較!定額制で傘が使い放題と都度購入はどっちが安い?

まとめ

【結論】

定額制で傘が使い放題と都度購入はどっちが安い?

傘のサブスクリプションの場合

●【使った分だけプラン】は、1回24時間が70円なので4回使うと280円になります。

●【使い放題プランは、2本を1ヶ月使い放題で280円になります。

つまり、

1年間で合計3360円です。

2年間で合計6,720円です。

3年間で合計10,080円です。

あきらかに金額だけで比較すると都度購入した方が安いです!

しかし、急に雨が降る場合を考えると、傘のサブスクの方が便利です。

その中でも定額「使い放題プラン」より使った分だけプラン」が断然おすすめです。

現実的に、月4回の急な雨が降る事は考えにくいからです!

★16歳~22歳、全員対象の【U22応援プラン】は0円なので利用しましょう!

正し、返却期限が18歳以上は3日間なので注意してください。

しかし。。。

中学生の13歳~15歳が0円にならないのは疑問ですね。

義務教育で一番応援したい年齢なのに。。。。

 

 

 

●出典・参考・引用

アイカサ