サブスクやネット銀行などの『デジタル遺品』削除や整理方法と業者比較

『デジタル遺品』の削除や整理方法の解説とデジタル遺品業者の比較方法サブスク比較
『デジタル遺品』の削除や整理方法の解説とデジタル遺品業者の比較方法

『デジタル遺品って何?』

『デジタル遺品の種類は何があるの?』

『デジタル遺品の問題点は?』

『故人のスマホのパスワード解除の費用相場はいくら?』

など、デジタル遺品って簡単に言っても、様々な故人のPCやスマホなどのデジタル機器のパスワードの削除や解約の方法と、たくさんのデジタル遺品整理業者があってどれを選んだらいいのかを迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、サブスクやネット銀行などの『デジタル遺品』に関する削除や解約する整理方法の解説と、おすすめのデジタル遺品整理業者をご紹介していきます

デジタル遺品を整理する方法は、「生きてる間にする方法」と「死亡してからする方法」の2つがあります。

記事配信:おひとり様TV

 

デジタル遺品って?

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、故人の遺品となったパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に保存されたデータやインターネット上の登録情報などの意味。自分のパソコンやスマートフォン内のデータやインターネット上の登録情報は、死亡すると故人のデジタル遺産や遺品と呼ばれます。

 

デジタル遺品の種類は?

デジタル遺品の種類

デジタル遺品は大きく分けて以下の4つの種類があります。

1.パソコンやスマホなどのデバイスに保存されている写真などの「情報端末」内の個人データ

2.クラウドサービス内のラインやインスタなどのSNSの「WEB上」の個人データ

3ネット銀行、ネット証券、仮想通貨などの「金融資産」の個人データ

4.サブスクリプションサービスなどの「アカウント」の個人データ

 

デジタル遺品の問題点は?

デジタル遺品の問題点は、生前にが利用していたネット銀行がわからないので遺産の総額が正確に把握できない定額制のサブスクリプションサービスがわからず利用していなくても利用料金を毎月請求され続ける、すべての連絡先情報をスマホに保存している場合は、ロックを解除しなければ、友人や恋人などの連絡先がわからないので葬儀やお通夜に呼ぶことができない事などの問題点があります。

本人が自分で「デジタル遺産」を死亡した場合に備えて設定する方法品

iPhoneデジタル遺品

アップル社の「iOS 15」の「iPhoneデジタル遺品」の場合は「デジタル遺産プログラム」で故人アカウント管理連絡先になる人を指定しておけば、あなたが亡くなった時に、その人たちがあなたのアカウントと個人情報にアクセスできます。

設定方法は、「Apple ID」で「アカウント復旧用の連絡先」の項目があるので信頼できる人を1人以上選んで、アカウント復旧用の連絡先になってもらいましょう。パスワードのリセットとアカウントへのアクセスの復旧を手伝ってもらうことができます。

★詳しくはこちらをご覧ください。

アップル公式HP

★故人が、事前に設定を行っていなかった場合に、亡くなったご家族の方が「Appleアカウント」へのアクセスを申請する詳しい方法はこちら

公式「故人のAppleIDとその保管データへのアクセスまたは削除を申請する方法

 

故人の遺族の方が「デジタル遺品」をデジタル遺品整理業者に依頼する方法

本人が自分で「デジタル遺産」を死亡した場合に備えて設定していない場合に、遺族の方がPCやスマホのパスワードは無理に解除しようとすると、端末がロックされてしまうこともあります。

どうしてもロックを解除できない場合は、故人の遺族の方がデジタル遺品のパスワード解除する場合も含めて「デジタル遺品」を遺品整理業者に依頼する方法があります。デジタル遺品のデータ復旧や整理・削除を専門に行っているデジタル遺品整理業者は、パスワードの分からなくなったパソコン・スマートフォンのパスワード解析とロック解除、データの破損・消去に対する復旧処理、データの整理作業などの対応をしてくれます。

しかし、デジタル遺品はトラブルが発生する場合があります。遺品整理業界は「国民生活センター」などに毎年2500件以上の苦情や被害報告が入っています。 高額請求・遺品の盗難・不法投棄などを行う業者も少なからずいるのが事実です。そんな業者に依頼すると個人情報が悪用されるケースもあるので注意してください。

★「パスワード解除」のみを依頼したい場合におすすめの業者はドクター・ホームネットの「デジタル遺品サポートサービス」です。その理由は、高い技術力や信用で数々の大手企業、PCメーカーとも提携している上場企業だからです。 日本全国どこでも最短、お申込みいただいた当日に出張サポートして解決することが可能です。 Windows、Mac、メーカー、年代を問いません。

★デジタル遺品を含めて全ての遺品整理をしたい方におすすめ、遺品整理業者の一括見積もり・検索サイト「みんなの遺品整理」です。その理由は、月間120万人が利用している日本最大級の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」を展開している株式会社LIFULL seniorが運営しているからです。

遺品整理士資格を発行している一般社団法人遺品整理士認定協会の厳しい審査をした優良遺品整理業者のみを掲載している検索サイトです。1度の見積もり依頼で原則3社まで紹介してくれるので手間も費用も抑えることが可能です。

パスワード解除の費用相場
パソコンのパスワード解除18,000~35,000円
スマホのパスワード解除20,000~50,000円

 

まとめ

まとめ

高齢者の中にも、毎日のようにデジタル機器を使用している人は多くなっています。死亡した場合デバイスには「デジタル遺品」として遺族に残っていまします。「デジタル生前整理」、「デジタル遺品整理」の必要性が最近では重要視されています。まず、生きている間にしておきたい事は、「エンディングノート」にパソコンやスマホのロック解除の方法を記入しておきましょう!

★詳しくはこちらの記事をご覧ください『エンディングノートの無料版や注意点や書き方を徹底解説

この記事でご紹介した自分でデジタル遺産を死亡した場合に備えて設定をしておく事もおすすめします。自分が死亡した後に遺族が困らないようにする事は大切ですね。

 

 

●引用・参考

国民生活センター

デジタル遺品サポートサービス

みんなの遺品整理