【NHK・ガッテン】“ハッピーホルモン”でストレス撃退!認知症改善!

引用:ガッテン ハッピーホルモンで認知症改善する。【NHK】の「ガッテン」
引用:ガッテン ハッピーホルモンで認知症改善する。

 

NHK・ガッテン ハッピーホルモンで認知症改善する。

 

2020年4月22日方法の【NHK・ガッテン】認知症改善“ハッピーホルモン”でストレス撃退!

 

新型コロナウイルスの影響で外出がままならない中、心配なのは離れて暮らす大切な人の健康。そんな今こそ頼るべきは、体の中のホルモン「オキシトシン」の力!関節などの痛みや不安・ストレスを緩和。さらには認知症の症状の改善や、血圧上昇を抑制するなどの効果が期待できるのです。

 

オキシトシンは親しい人から体に触れられた時に出るホルモンですが、会いに行ってタッチするのは控えたい状況でも、大放出させる秘策を大公開!さらに高齢者が心筋梗塞や肺炎にならないために、今こそしっかりとってほしい栄養素の情報もお伝えします!

 

ガッテン“ハッピーホルモン”でストレス撃退する!

 

痛み&認知症に効く!「癒やしホルモン」の驚きパワー!ハッピーホルモンとはオキシトシンのことです。ハグや体に触れることで放出されるホルモンで、「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれています。日々つのる、不安やストレスの軽減。それを実現してくれるのは、あなたの体の中の「ハッピーホルモン」です。正式名称は「オキシトシン」。親しい人と触れ合ったときなどに、脳から出てきます。ストレスの軽減以外にも、痛みが和らいだ、認知症の症状が改善したなどさまざまな報告があり、現在も研究が続けられています。

 

ガッテン、オキシトシンとは? オキシトシンの効果は?

 

体の痛みが驚くほど軽くなったり、認知症の症状がピタリと止まったり。それを実現してくれるのは、あなたの体の中の「癒やしホルモン」です。そのホルモンの名前は「オキシトシン」。親しい人に体に触れられた時などに、脳から出てきます。

 

その癒やし効果は大変大きく、関節の痛みや日ごろのストレスを大きく緩和することが分かっています。そのためスウェーデンや日本では、痛みやストレスを抱える患者さんを対象に背中などをさすってあげる「タッチケア」を行っている医療機関が多くあります。ほかにも、認知症の徘徊が減ったり、血圧が下がるなど、触れることで出るホルモン「オキシトシン」の可能性は計り知れません。

 

ガッテンでは、タッチケアの詳しいやり方や、1人暮らしの方でもオキシトシンを出す方法を紹介!

 

ガッテン、背中をなでるタッチケアの方法。

 

日常のストレスや不安の軽減、慢性の痛みの軽減や、認知症の周辺症状の改善などに効果が期待できます。

 

引用:ガッテン ハッピーホルモンで認知症改善する。

引用:ガッテン ハッピーホルモンで認知症改善する。

 

 

1)いすの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢をとります。

 

2)両手のひらを背中にぴったりつけ、全体をなでます。

 

なで方①

背中の真ん中から弧を描くように、背中全体をまんべんなくなでる

引用:ガッテン

引用:ガッテン

 

なで方②

肩、背中の一番外側のラインに沿ってなでる

引用:ガッテン

引用:ガッテン

 

なで方③

の位置から首に向かって、ハートを描くようになでる

引用:ガッテン

引用:ガッテン

ポイントは、1秒間に5センチ程度のゆっくりとした動き。手のひらでアイロンをかけるようなイメージです。目安は1回10分程度。 なでる側の人にも、オキシトシンが出ることが期待できます。
ぜひお互いに、なでっこしてみてください。

ガッテン、抱き枕を抱きながら電話をする。

 

高齢者の社会的孤立は健康リスクに!電話を使った交流を

実はいま、国内外の専門家が「電話を使った積極的な交流」をすすめています。その理由は、新型コロナウイルスの影響による、“高齢者の孤立”。人との接触を減らすことは、感染予防のためには非常に重要です。しかしそれによって高齢者の社会的孤立が進み、それが循環器・血圧・認知機能などに関わる病気のリスクを高めるといわれているのです。

 

すぐにでも親しい人とタッチしたいところですが、現在は新型コロナウイルスの影響で、人と会うことすら難しい状況ですよね。そんなときにおすすめしたいのが、電話を使っての会話。アメリカ・ウィスコンシン大学で行われた研究などから、人は触れ合うことができなくても、親しい人の声を聞くだけでオキシトシンが増えることがわかってきました。

 

家族や安心できる人と電話で話すことで、オキシトシンが出て、安心できたりストレスが軽減できたりすることがわかっています。しかし、声を聞くだけよりも、抱き枕など抱えて抱き心地が加わると、より相手の存在を強く感じるため、安心の効果が大きくなるという研究結果があります。抱き枕や手触りのいいクッションなどを使って、抱き心地を感じながら電話してみてください。

 

【アマゾン】抱き枕 ビックリするくらい種類がありました。

 

Amazon.co.jp: 抱き枕
Amazon.co.jp: 抱き枕

 

【楽天】抱き枕 あさチャンで放送された


\あさチャン!で紹介/不思議な 抱き枕 快眠 送料無料 日本製 快適睡眠 Feel 抱き枕 抱きまくら ロング抱き枕 安眠枕 安眠グッズ 快眠枕 快眠グッズ クッション 妊婦 マタニティ

 

ガッテン、魔法の言葉とは何?

 

低栄養を予防するための“魔法の言葉”

 

ガッテンの魔法の言葉はもっと〇〇しなよ!

 

ガッテンの魔法の言葉は「もっと肉食べるようにしなよ」

 

あなたの身近な高齢者の方に電話をする際、ぜひ言ってほしい“魔法の言葉”があります。それは、「もっと肉食べるようにしなよ」。実は厚生労働省が毎年行っている国民健康栄養調査の結果から推計すると、70歳以上の3~4人に1人に、低栄養(栄養失調)の恐れがあることがわかりました。低栄養になると、肺炎や心筋梗塞になったり、介護が必要になったり、死亡するリスクが高まることが、さまざまな研究からわかってきています。

 

では、一体どうすれば低栄養を防ぐことができるのでしょうか。ずばり、それは「たんぱく質」の摂取。卵や大豆、魚、肉などの食品を積極的に食べることが推奨されています。特に肉は体内のたんぱく質を効率的に増やすのに優れています。「もっと肉食べるようにしなよ」。電話をかける際、ぜひ使ってみてください。

 

※肉やたんぱく質のとりすぎは、カロリーオーバーや病気のリスクとなりますのでご注意ください。
※特に腎臓病・糖尿病・高血圧などで食事制限がある方は、医師の指導内容にしたがってください。

 

 

記事概要

【NHK・ガッテン】“ハッピーホルモン”でストレス撃退!認知症改善!

2020年4月22日方法のNHK・ガッテンは、“ハッピーホルモン”でストレス撃退する。認知症改善。体の中のホルモン「オキシトシン」の力。関節などの痛みや不安・ストレスを緩和。さらには認知症の症状の改善や、血圧上昇を抑制するなどの効果が期待できる。ガッテンの魔法の言葉は「もっと肉食べるようにしなよ」

 

 

NHK「ガッテン」の「おひとり様TV」関連ブログはこちら

 

NHK・ガッテン「耳鳴り」が劇的改善!耳鳴り自宅療法!滝の音

 

NHK・ガッテン「火災・食中毒・入れ歯、体当たり研究者SP」

 

【NHKガッテン】スプーン1杯でカラダが激変!食べる「オメガ3」

 

 

●出典・参考・引用

NHK ガッテン

 

 


プロが知育をサポートする知育玩具のおもちゃレンタル トイサブ
 

【サブスク大賞受賞】