【交通誘導員の本】交通誘導員ヨレヨレ日記(柏耕一)

交通誘導員ヨレヨレ日記おひとり様のお勧め本
交通誘導員ヨレヨレ日記

交通誘導員ヨレヨレ日記

 

交通誘導員ヨレヨレ日記

交通誘導員ヨレヨレ日記

 

【交通誘導員】交通誘導員ヨレヨレ日記当年73歳。

 

本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます。

 

日本の警備員さんの数は全国55万人

 

4割強が60歳以上

 

60歳以上が22万人以上です。

 

本書を読んで町の「交通誘導員」を気にするようになりました。

 

老人と言ってもいい人が働いている姿がよく目に留まる。

 

警備員の方々の老人が多いですね。

 

交通誘導員の本

【交通誘導員ヨレヨレ日記の内容情報】(出版社より)

 

「誰でもなれる」「最底辺の職業」と警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出すドキュメント、警備員の生活と意見。

 

警備員ならどっちのエレベーターが止まっているか教えろってんだよ!

 

俺たちの金で警備してんだろ !

 

通行人にクレーム入れられ、現場監督に怒鳴られ、警察に注意され。

 

誰でもなれる、最底辺の職業と警備員自身が自嘲する?

 

交通誘導員?の実態を、笑いと涙で描き出す快作!

 

喜びも笑いも涙もすべて路上にあり!

 

同僚の多くは 70 代、超高齢化社会に進む現代ニッポンの縮図がここに。

 

 

交通誘導員ヨレヨレ日記の目次】(「BOOK」データベースより)

 

第1章 交通誘導員の多難な日常

トイレ掃除ー警備業法違反を隊員に強いる隊長の弱味。

通行止ー交通誘導警備員はお地蔵さまではないほか)。

 

第2章 交通誘導員の喜びと悲しみ、時々怒り

黄金譚ー糞尿にまつわる滑稽きわまりない顛末。

大失敗ーサイン拒否した親方の言い分ほか)。

 

第3章 どうしても好きになれない人

誘導ミスー交通誘導警備員が一番恐れること。

たかが挨拶ーなぜ挨拶をしない人が嫌われるのか ほか。

 

第4章 できる警備員、できない警備員

首振り人形ー2秒間隔で首を左右に振り続ければ警備員合格?

コミュニケーション能力ー警備員に外国人が少ないのはなぜ?ほか、

 

 

 

交通誘導員ヨレヨレ日記の著者情報】(「BOOK」データベースより)

 

柏耕一(カシワコウイチ)
1946年生まれ。出版社勤務後、編集プロダクションを設立。

出版編集・ライター業に従事していたが、数年前から某警備会社に勤務。

七三歳を迎える現在も交通誘導員として日々現場に立つ

(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

【PR】プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」【日本酒のサブスク!】

 

 

 


●出典・参考・引用

楽天ブックス

「BOOK」データベース