【ネギ買い方】新鮮で美味しい!ネギの選び方と見分け方のコツは?

【ネギの買い方】新鮮で美味しい!ネギの選び方と見分け方のコツは?スーパーの買い物の仕方
【ネギの買い方】新鮮で美味しい!ネギの選び方と見分け方のコツは?

 

【ネギ買い方】新鮮で美味しい!ネギの選び方と見分け方のコツは?

 

お悩み女性
お悩み女性

ネギの選び方ってどこを見るの?見分け方のコツがわからない?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいのネギ選び方!簡単な見分け方のポイントやコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「ネギ」です。東の長ネギ・西の青ネギ。

本記事は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいネギの選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くネギを買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

 

★関連記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜の定期便8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【ネギ買い方】美味しいネギの見分け方や選び方!

美味しいネギの見分け方や選び方!

美味しいネギの見分け方や選び方!

ここからは、「JAタウン」の美味しいネギの選び方や見分け方のコツをご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

根深ネギは、白い部分が長く、緑の部分と白い部分がはっきり分かれているもの。巻きがしっかりしていて、光沢があり、ふかふかしていないものを選びましょう。
葉ネギは、葉先枯れがなく、根元から葉先までまっすぐで青みが濃いもの。根がしっかりしているものを選びましょう。

 

★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【ネギ買い方】新鮮なネギの見分け方や選び方!

新鮮なネギの見分け方や選び方!

新鮮なネギの見分け方や選び方!

ここからは、「キューピー」の新鮮なネギの見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

「根深ねぎ」は、全体にみずみずしく、白い部分と緑の部分の境目がはっきりしているものを選びましょう。また、白い部分は巻きがしっかりと固くみずみずしいものが新鮮です。「根深ねぎ」も「葉ねぎ」も、葉先までピンとしてハリがあるものがおすすめです。 よく生育しているねぎは、葉の部分にロウのようなもので覆われて、白い粉を吹いているように見えるものがあります。

 

★キューピーは、マヨネーズ、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などがあります。
■ネギが美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

ネギのよくある質問(Q&A)・豆知識

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

ここからは、ネギのよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]ネギってどんな野菜?

[A:1]
ねぎには、大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。「根深ねぎ」は主に関東で食べられてきたねぎで、一般には「長ねぎ」「白ねぎ」と呼ばれるもの。土寄せをして日に当たらないようにして、白い部分が多くなるように育てられます。
独特のにおいがあり、生食すると辛みがありますが、煮込むと甘くとろりとした口当たりになります。 一方、関西で多く食べられてきたのが「葉ねぎ」です。以前は「関東は白、関西は緑」と分かれていましたが、最近では地域を問わず使われるようになりました。
どちらも通年出回っていますが、おいしくなるのは「根深ねぎ」が冬、「葉ねぎ」は春といわれています。

 

★ネギの豆知識

ねぎは、ワケギはネギとタマネギの雑種。根元からよく枝分かれするので「分け葱(わけぎ)」の名がつきました。甘みがあり、軟らかいのが特徴。より細長いアサツキは、ネギの近親種で、辛味があり、主に薬味として使われます。
長ネギの「ひげ根」は、素揚げにして食べることができます。5cm以下の食べやすい長さに切って、きつね色になるまで揚げたら、軽く塩を振ってお楽しみ下さい。

 

[Q:2]ネギの栄養は?

[A:2]
ネギの栄養は、緑黄色野菜に分類される緑色の部分には、β-カロテン、ビタミンCなどが豊富です。白い部分に多く含まれる香り成分、硫化アリルは、消化液の分泌を促して食欲を増進させる他、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復につながります。さらに抗菌、殺菌作用など様々な働きをします。体温を高めて血行を促進させる効果も期待できます。

 

[Q:3]ネギの保存方法は?

[A:3]
ネギの保存方法は、新聞紙に包んで、冷暗所に立てて保存しましょう。カットしたものは、ラップに包んで野菜室へ。細かく刻み、小分けにして冷凍しておくと便利です。
泥つきの根深ネギは、庭先の土に斜めに埋めておけば長期保存も可能です。

 

★保存のコツは?

ネギの保存のコツは、長ねぎは冷蔵庫に立てて入る長さに切り分け、ラップで包むかポリ袋に入れて、立てて冷蔵庫で保存します(保存期間の目安:1週間)。乾燥を防ぐため湿らせたキッチンペーパーで包むと保存性が高まります。

 

 

ネギの買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいネギの見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいネギの選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー