【レタス買い方】新鮮で美味しい!レタスの選び方と見分け方のコツは?

【レタスの買い方】新鮮で美味しい!レタスの選び方と見分け方のコツは?スーパーの買い物の仕方
【レタスの買い方】新鮮で美味しい!レタスの選び方と見分け方のコツは?

 

【レタスの買い方】新鮮で美味しい!レタスの選び方と見分け方のコツは?

 

お悩み女性
お悩み女性

レタスの選び方ってどこを見るの?見分け方のコツがわからない?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいのレタス選び方!簡単な見分け方のポイントやコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「レタス」です。

本記事は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいレタスの選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

参考:『旬の達人・旬の食材』NHKで放送された「レタス選び方」&美味しい食べ方、料理レシピはこちらをご覧ください。

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くレタスを買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

 

★関連記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜のサブスク8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【レタス買い方】美味しいレタスの見分け方や選び方!

美味しいレタスの見分け方や選び方

美味しいレタスの見分け方や選び方

ここからは、「JAタウン」の美味しいレタスの選び方や見分け方のコツをご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

レタスは、葉にハリがあって、みずみずしく、軽いもの。結球レタスは、巻きがふんわりしているものを選びましょう。
切り口が10円玉くらいの小ささで、白いものほど新鮮です。

 

★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【レタス買い方】新鮮なレタスの見分け方や選び方!

新鮮なレタスの見分け方や選び方

新鮮なレタスの見分け方や選び方

ここからは、「キューピー」の新鮮なレタスの見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

玉レタスは、芯の切り口が10円玉大で白く、葉がみずみずしく、ツヤとハリのあるものが新鮮です。また、芯の高さのあるものはのびすぎて固く苦味があることもあるため、避けたほうが無難です。
また、葉の巻きがふんわりゆるく、持った時に軽めのものを選びましょう。重いものは葉がかたくなり、苦みが出ている可能性があります。
サニーレタスやリーフレタスなど結球しないタイプは、葉先が色濃くさわやかな香りとバリッとしたみずみずしいものを選びましょう。

 

★キューピーは、マヨネーズ、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などがあります。
■レタスが美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

レタスのよくある質問(Q&A)・豆知識

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

ここからは、レタスのよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]レタスってどんな野菜?

[A:1]
レタスは、日本名を「ちしゃ」といい、「乳草」の略とされます。茎を切ると断面から乳液がでることによります。10世紀には栽培されていた記録がありますが、現在のようなレタスが入ってきたのは、明治のはじめから。
一般には、1960年代から普及しました。最近では、品種改良によって、サラダ菜、サニーレタス、リーフレタス、グリーンカールなど、種類も豊富になりました。焼肉などでおなじみのサンチュもレタスの仲間です。

 

★レタスの豆知識

レタスは包丁で切ると切り口が茶色に変色し、苦みも出やすいので、手でちぎった方が美味しく食べられます。ドレッシングが絡みやすくなるメリットもあります。
ロメインレタスは、結球したままカットできる特長があります。

 

[Q:2]レタスの栄養は?

[A:2]
レタスの栄養は、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウムなどが含まれていますが、いずれも結球型より、リーフレタスやサラダ菜の方に多く含まれています。
レタスの茎を切ると出てくる白い液体はラクチュコピクリンと呼ばれる苦味成分のひとつで、催眠・鎮静作用があると言われています。

 

[Q:3]レタスの保存方法は?

[A:3]
レタスの保存方法は、購入した際に包まれていたものに包むか、ビニール袋に入れて野菜室へ。傷みやすいので早めに食べ切りましょう。

 

★保存のコツは?

レタスは芯から水分が抜けて鮮度が落ちます。丸ごと保存する場合は、芯を少し切り落とし、切り口に小麦粉を塗って水分が抜けるのを防ぎます。さらにキッチンペーパーで全体を包み、ラップまたはポリ袋に入れて芯を下にして保存します(保存期間の目安:2週間)。
または、芯に生長点があるので、働きを止めるために、芯に爪楊枝を3本くらい刺して同様に保存しても鮮度が保てます(保存期間の目安:2週間)。使うときは外の葉からはがして使うと長持ちします。カットしたレタスを保存する場合は、切り口から水分が抜けるのを防ぐために、切り口をキッチンペーパーで覆ってポリ袋に入れ、切り口を下にして冷蔵庫で保存します(保存期間の目安:5日)。

 

 

レタスの買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいレタスの見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいレタスの選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー