【ごぼう買い方】新鮮美味しいゴボウ選び方って見分けるコツはある?

【ごぼう買い方】新鮮美味しいゴボウ選び方って見分けるコツはある?スーパーの買い物の仕方
【ごぼう買い方】新鮮美味しいゴボウ選び方って見分けるコツはある?

 

 

お悩み女性
お悩み女性

新鮮美味しい!ごぼう選び方って見分けるコツはあるの?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいごぼう選び方や簡単な見分け方のコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「ゴボウ」です。

 

スーパーで新鮮で美味しいゴボウを買いたい!しかし・・・『どうやって見分けるの?』とわからない人も多いですよね。

そこで今回は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいゴボウ選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

参考:『旬の達人・旬の食材』NHKで放送された「ごぼう選び方」&美味しい食べ方、料理レシピは、こちらをご覧ください。

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くゴボウを買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

★関連記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜の定期便8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【ごぼう買い方】美味しい!ゴボウ選び方や見分け方!

【ゴボウ買い方】美味しい!ゴボウ選び方や見分け方

【ゴボウ買い方】美味しい!ゴボウ選び方や見分け方

ここからは、「JAタウン」の美味しいゴボウ選び方や見分け方をご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

ゴボウ選び方は、まっすぐでヒゲ根が少なく、ひびやしわがないものを選びましょう。泥つきの方が日持ちもし、風味も強いです。
太すぎるものは「す」が入っている恐れがあるので、太すぎないものを選びましょう。
★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【ごぼう買い方】新鮮!ゴボウ見分け方や選び方のコツ!

【ゴボウ買い方】新鮮!ゴボウ見分け方や選び方のコツ

【ゴボウ買い方】新鮮!ゴボウ見分け方や選び方のコツ

ここからは、「キューピー」の新鮮なゴボウ見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

簡単なゴボウ選び方のコツを紹介。ごぼうは、乾燥しやすいので、新鮮さや風味を保ちたいなら泥付きを選びたいもの。太さが均等でひげ根の少ないものがおすすめです。洗ってある場合は、表面のきめが細かくひび割れていないものを選びましょう。柔らかくぐにゃぐにゃと曲がるものは避けてください。

 

★キューピーはマヨネーズが美味しいですが、それ以外に、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などもあります。
■ゴボウが美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

ごぼうのよくある質問(Q&A)・豆知識

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

ここからは、ゴボウのよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]ゴボウってどんな野菜?

[A:1]
日本ではいろいろな料理においておなじみのごぼうですが、実はごぼうを食用としているのは日本や韓国など、ごく一部なのだそう。中国では食用ではなく、主に漢方薬として使われているようです。
ごぼうはアクが強く、空気に触れると変色してしまうので、切ったらすぐに水にさらすのがポイント。ただし、長くさらすと風味や栄養を逃がすので注意しましょう。 水にさらすときに酢を少量加えると、白くきれいに仕上がります。

 

★ゴボウの豆知識

ゴボウの主流は細長い「滝野川ゴボウ」です。春に収穫される「新ごぼう」は、茎がついたまま売られ、香りが高くやわらかいのが特徴です。柳川鍋には欠かせない食材として知られます。
また、葉から根まで食べられる若採りのゴボウ「葉ゴボウ」(若ゴボウ)は3月が旬。主に関西で人気があります。

 

[Q:2]ゴボウの栄養は?

[A:2]
ゴボウの栄養は、多糖類のイヌリンや繊維質のセルロース、リグニンの含有量は、野菜の中でトップクラスです。いずれも便秘の解消や腸内環境を整える効果が高いです。動脈硬化やがん予防にも有効といわれています。
また、水溶性食物繊維に属するイヌリンには、腸内のpHを低下させてミネラル成分を可溶化し吸収を促進する作用や腸管機能を活性化する働きがあることが報告されています。
アクの成分はポリフェノール類で、抗酸化作用があり、がんの予防や老化防止などが期待できます。

 

[Q:3]ゴボウの保存方法は?

[A:3]
ゴボウの保存方法は、泥付きのゴボウは、そのまま新聞紙に包み、冷暗所に保存しましょう。洗ってあるものはラップに包んで野菜室に入れます。さかがきにして冷凍しておいても便利です。

 

★保存のコツは?

ゴボウの保存のコツを紹介。ごぼうは乾燥しやすいので、湿度管理が保存のポイントです。常温でも冷蔵でも湿らせた状態を保つようにすれば長持ちします。泥付きごぼうは15℃以下なら常温保存で問題ありません。湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷暗所で保存します(保存期間の目安:1か月)。土に埋めておくのもおすすめです。洗いごぼうや切ったごぼうは、新聞紙で包み、ポリ袋に入れ、野菜室に立てて保存します(保存期間の目安:1週間)。

 

 

ごぼう買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいゴボウの見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいゴボ【ゴボウ買い方】美味しい!ゴボウの選び方から見分け方のコツまで徹底解説!スーパーで新鮮で美味しいゴボウを買いたい!しかし・・・『どうやって見分けるの?』とわからない人も多いですよね。そこで今回は、そんな疑問を解決できるゴボウ選び方&見分け方を一挙紹介!の選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー