【トマト買い方】新鮮美味しいトマト選び方って見分けるコツはある?

【トマト買い方】新鮮美味しいトマト選び方って見分けるコツはある?スーパーの買い物の仕方
【トマト買い方】新鮮美味しいトマト選び方って見分けるコツはある?

 

 

お悩み女性
お悩み女性

新鮮で美味しい!トマト選び方って見分けるコツはあるの?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいトマト選び方や簡単な見分け方のコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「トマト」です。

 

スーパーで新鮮で美味しいトマトを買いたい!しかし・・・『どうやって見分けるの?』とわからない人も多いですよね。

そこで今回は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいトマト選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くトマトを買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

 

★関連記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜の定期便8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【トマト買い方】美味しい!トマト選び方や見分け方!

【トマト買い方】美味しい!トマト選び方や見分け方

【トマト買い方】美味しい!トマト選び方や見分け方

ここからは、「JAタウン」の美味しいトマト選び方や見分け方をご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

トマト選び方は、ヘタが新鮮で、皮にハリがあり、ずっしりと重く、烈果のないものを選びましょう。お尻に星のように放射線状の筋が出ているものは実が充実している証しです。
★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【トマト買い方】新鮮!トマト見分け方や選び方のコツ!

【トマト買い方】新鮮!トマト見分け方や選び方のコツ

【トマト買い方】新鮮!トマト見分け方や選び方のコツ

ここからは、「キューピー」の新鮮なトマト見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

トマト選び方のコツを紹介。トマトは、真っ赤に熟しているものほど栄養価が高く、おいしいです。皮に色ムラがなくツヤとハリがあるものを選びましょう。また、ヘタの緑色が濃く、ピンとして新鮮なものがマル。しおれていたり、黄色っぽくなっていたりするものは、鮮度が落ちている証拠です。全体の色が均一で皮にハリがあり、ずっしりと重いものを選びましょう。

 

★キューピーはマヨネーズが美味しいですが、それ以外に、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などもあります。
■トマトが美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

トマトのよくある質問(Q&A)・豆知識

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

ここからは、トマトのよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]トマトってどんな野菜?

[A:1]
南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

 

★トマトの豆知識

人気の「フルーツトマト」は品種名ではなく、栽培方法により高糖度に育てたトマトの総称です。トマトがゆっくり育つ冬から春にかけて、多く出荷されます。
カラフルなトマトの色を大きく分けると以下の4つです。
①ピンク系
②赤色系
③黄色系
④黒色系
など4つに分けられます。それぞれ味に特徴があります。
トマトは赤いイメージですが、実は店頭に並ぶものの多くはピンク系で、甘くておいしいのが特徴です。赤色系は、主にジュースに使われ、甘味よりも酸味が強いです。黄色系は改良が進み、甘さや酸味がピンク系に近づきつつあります。紫色に近い黒色系は、水気が多くジューシーです。

 

[Q:2]トマトの栄養は?

[A:2]
トマトの栄養は、赤い色はリコピンという色素成分によるもの。リコピンはカロテノイドという色素成分の一種で、がんや老化を予防する抗酸化作用があります。リコピンの吸収率は、生よりもペーストのように物理的処理や加熱調理された加工品のほうが高いことが知られています。また、油脂と合わせると、吸収率が上がるので、オリーブオイルなどと一緒に摂るとよいでしょう。
ビタミンCやカリウムも豊富です。疲労回復効果が期待されるクエン酸や便秘改善に役立つペクチンも含まれています。

 

[Q:3]トマトの保存方法は?

[A:3]
トマトの保存方法は、熟したトマトはビニール袋に入れて野菜室へ。緑の部分がまだあるものは、常温で保存しましょう。冷やしすぎると風味が落ちるので注意。
ヘタをくり抜いて丸ごと冷凍保存もできます。流水で洗い流すと、簡単に皮がむけ、湯むきいらず。

 

★保存のコツは?

トマトの保存のコツを紹介。トマトは保存の適温が15~25℃なので、真夏以外は冷蔵庫に入れる必要はありません。真っ赤に熟したものはトマト同士がくっつくと、その部分から傷みやすくなるので、1個ずつキッチンペーパーで包み、重ならないように並べポリ袋に入れ、ヘタの方を下にして冷暗所で保存します(保存期間の目安:1週間~10日)。(真夏は冷蔵庫の野菜室で保存します。)

 

 

トマト買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいトマトの見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいトマトの選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー