【ピーマン買い方】新鮮美味しいピーマン選び方って見分けるコツはある?

【ピーマン買い方】新鮮美味しいピーマン選び方って見分けるコツはある?スーパーの買い物の仕方
【ピーマン買い方】新鮮美味しいピーマン選び方って見分けるコツはある?

 

お悩み女性
お悩み女性

新鮮で美味しい!ピーマン選び方って見分けるコツはあるの?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいピーマン選び方や簡単な見分け方のコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「ピーマン」です。

 

スーパーで新鮮で美味しいピーマンを買いたい!しかし・・・『どうやって見分けるの?』とわからない人も多いですよね。

そこで今回は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいピーマン選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くピーマンを買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

 

★関連記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜の定期便8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【ピーマン買い方】美味しい!ピーマン選び方や見分け方!

味しい!ピーマン選び方や見分け方

味しい!ピーマン選び方や見分け方

ここからは、「JAタウン」の美味しいピーマン選び方や見分け方をご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

ピーマン選び方は、色が鮮やかで、ツヤのあるもの。肩が盛り上がっていて、皮にハリがあるものを選びましょう。切り口が新鮮で変色していないものの方がよいでしょう
★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【ピーマン買い方】新鮮!ピーマン見分け方や選び方のコツ!

新鮮!ピーマン見分け方や選び方のコツ

新鮮!ピーマン見分け方や選び方のコツ

ここからは、「キューピー」の新鮮なピーマン見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

ピーマン選び方のコツを紹介。ピーマンは、鮮度が落ちると苦みが出たり、中の種の部分から腐敗がはじまったりします。ヘタの緑が鮮やかで切り口がみずみずしく黒く変色していないものが新鮮な証し、果皮の表面がツヤツヤしてハリがあり、肉厚なものを選びましょう。

 

★キューピーはマヨネーズが美味しいですが、それ以外に、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などもあります。
■ピーマンが美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

ピーマンのよくある質問(Q&A)・豆知識

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

ここからは、ピーマンのよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]ピーマンってどんな野菜?

[A:1]
ピーマンは、原産は中南米。ナス科のピーマンは唐辛子の仲間で、コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、香辛料として広まりました。日本には16世紀、ポルトガル人により伝来。
一般に普及してからも、独特のくせと苦みから、子どもに嫌われる野菜No.1でしたが、改良によりくせが少なくなり、健康野菜として人気を集めるようになりました。
緑色のピーマンは未熟果で、完熟させると赤ピーマンになります。

 

★ピーマンの豆知識

黄色やオレンジ色のカラーピーマンも、もとは緑色から完熟したもの。赤ピーマン同様に、苦みが少なく、甘みがあるので、苦手意識がある人でも食べやすいです。
パプリカは100g以上くらいの大型カラーピーマンに付ける名前です。

 

[Q:2]ピーマンの栄養は?

[A:2]
ピーマンは栄養価が高く、特にビタミンCが豊富。ピーマンのビタミンCは熱に強く、メラニン色素の沈着を防ぐので、シミそばかすの予防に役立ちます。
β-カロテンも多く含まれ、ビタミンCとともに抗酸化作用を発揮し、老化防止や免疫力アップ、がんの予防にも。β-カロテンは、油と一緒に取ると吸収率が高まるので、炒め物やマリネにするとよいでしょう。

 

[Q:3]ピーマンの保存方法は?

[A:3]
ピーマンの保存方法は、ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。水気が残っていると傷みの原因になるので、よく拭き取ってください。刻んで軽く塩茹でしておくと、冷凍保存もできます。

 

★保存のコツは?

ピーマンの保存のコツを紹介。ピーマンの保存の最適温度は10~13℃です。夏は冷蔵庫の野菜室、冬は冷暗所の保存がおすすめです。また、水分に弱いためポリ袋に入れる前に、表面の水分をふき取りましょう。 保存するときは、キッチンペーパーで包んでポリ袋に入れ、野菜室で保存します(保存期間の目安:2週間~3週間)。
ピーマンは1個傷むと伝染するので、傷んだピーマンはすぐに取り除きましょう。カットしたものは、種とわたを取り除き、ラップできっちりと包みます(保存期間の目安:3日)。

 

 

ピーマン買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいピーマンの見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいピーマンの選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー