【ほうれん草の買い方】美味しい!ほうれん草の選び方と見分け方のコツは?

【ほうれん草の買い方】美味しい!ほうれん草の選び方と見分け方のコツは?スーパーの買い物の仕方
【ほうれん草の買い方】美味しい!ほうれん草の選び方と見分け方のコツは?

 

【ほうれん草の買い方】美味しいほうれん草の選び方と見分け方のコツは?

 

お悩み女性
お悩み女性

ほうれん草の選び方ってどこを見るの?見分け方のコツがわからない?

悩み解決先生
悩み解決先生

OK!今回は、新鮮で美味しいほうれん草の選び方!簡単な見分け方のポイントやコツを徹底解説するよ!

 

おひとり様の私は、スーパーの買い物で野菜などを買う時に、美味しい商品を見分けて買い物をしているのだろうか?人より美味しくない物を買って損をしていないだろうか?など、疑問に思いました。

他の買い物客を見ると色を見たり、叩いたり、持ち上げたり、匂いを嗅いだりしてますね。料理が下手なのでせめて野菜の材料は良いものを選びたいと思います。

そこで、徹底的にWEBで調べると、様々なサイトがありました。その中で最も信頼できる「キューピー」と「JA農協」のサイトを見つけました!

この2つの大手サイトの野菜の選び方を引用してわかりやすくまとめてみました。

私が考えたのでないので安心してください。

自分で購入する時にチラっと見る為に【スーパーの買い物の仕方】をシリーズにしました。

今回のテーマの野菜は「ほうれん草」です。

本記事は、スーパーで買い物をする時に役立つ、新鮮で美味しいほうれん草の選び方、見分け方、目利きのコツをまとめて徹底解説しました。

どれを買ったらいいのか迷っている時のお役に立てれば幸いです。

 

こんな方におすすめの記事:
・スーパーで賢くほうれん草を買いたい
・選び方を知りたい
・見分け方のコツを知りたい
・鮮度が良い美味しい野菜を食べたい

 

★おすすめ記事
【野菜の買い方】の他の記事はこちら

★人気記事
有機野菜・無農薬野菜のサブスク8社比較

※料理をする時は、NHK「きょうの料理」で放送された『レシピ』と、NHK『あさイチ』で放送された「みんな!ゴハンだよレシピ集』の2つを参考にしながら料理をしています。

 

【ほうれん草の買い方】美味しいほうれん草の見分け方や選び方!コツは?

美味しいほうれん草の見分け方や選び方!

美味しいほうれん草の見分け方や選び方!

ここからは、「JAタウン」の美味しいほうれん草の選び方や見分け方のコツをご紹介していきます。新鮮な野菜を直送してくれる、「JAタウン」のサイトから引用しました。

 

ほうれん草は、葉の色が濃く、葉先までピンとして、みずみずしいものを選びましょう。

 

★JAタウンは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営。全国各地から新鮮な旬の農畜産物・特産品を産地直送で自宅に届けてくれます。贈答用、家庭用、業務用まで用途に合わせた豊富なラインナップが揃っています。期間限定・お買い得商品(セール)商品が特におすすめ!

 

公式HP

JAタウン

 

【ほうれん草の買い方】新鮮なほうれん草の見分け方や選び方!コツは?

新鮮なほうれん草の見分け方や選び方

新鮮なほうれん草の見分け方や選び方

ここからは、「キューピー」の新鮮なほうれん草の見分け方や選び方のコツを徹底解説していきますあの美味しいマヨネーズの「キューピー」のサイトからの引用しました。

 

ほうれん草は、葉先がピンと張っていて、葉肉が厚く、緑色が濃いものがおすすめです。葉の中央を走る葉脈を軸として左右に折りたためるように対称であるものが良品。
茎が適度に太く弾力性あるもので、根元に近い部分から葉が密集して、ボリュームのあるものを選びましょう。ほうれん草の根元の赤色はミネラル分・マンガンの色。
赤みが強いほど、甘みが強くなるので、根元の色と大きさ、みずみずしさも忘れずに確認してください。

 

★キューピーは、マヨネーズ、ドレッシング、タルタルソース、和えもの用調味料、パスタソース、調理食品、素材食品、フレッシュストック、プラントベースフード、パッケージサラダ、ジャム・スプレッド、ベビーフード・幼児食、介護食、栄養・健康ケア食品、サプリメント、除菌衛生用品、スキンケア用品などがあります。
■ほうれん草が美味しくなるキューピーのマヨネーズやドレッシング等を使用したレシピはこちら

 

公式HP

キューピー

 

ほうれん草のよくある質問(Q&A)や豆知識

よくある質問(Q&A)

ここからは、ほうれん草のよくある質問や豆知識をご紹介していきます。

[Q:1]ほうれん草ってどんな野菜?

[A:1]
ほうれん草は、品種改良や栽培法により、今では一年中出回りますが、もともとの旬は冬。
寒さに強いほうれん草は、冬霜にあたることで甘みもおいしさもアップします。
さらに、栄養価もパワーアップするので、冬場に出回る露地物をチェックするのがおすすめです。
アクが強いので、加熱してから食べるのが一般的でしたが、最近では生で食べられるように改良された、サラダほうれん草も登場。
やわらかく、くせがないので、よりいっそう、食卓に身近な存在となりました。

 

★ほうれん草の豆知識

ほうれん草を茹でる時は、根元に十字に切れ目を入れると、土が落ちやすく、火の通りもよくなります。
寒さに当てて「寒締め」栽培されたちぢみホウレンソウは、甘味が強く、うま味の濃さが特徴です。

 

[Q:2]ほうれん草の栄養は?

[A:2]
ほうれん草の栄養は、β-カロテン、ビタミンE、K、葉酸や鉄を多く含みます。冬採りのものはビタミンCも豊富です。ビタミンCは鉄分の吸収を助け、葉酸は赤血球を作り出すので、貧血予防の効果が期待できます。
「寒締め」といわれ、収穫前にあえて冬の寒さにあてて栽培したものは、甘みが増し、栄養価も高くなることが分かっています

 

[Q:3]ほうれん草の保存方法は?

[A:3]
ほうれん草は、湿らせた新聞紙に包み、ビニール袋に入れて、野菜室で立てて保存。鮮度が命なので、すぐに食べ切れないときは下茹でしておきましょう。冷凍保存もできます。

 

★保存のコツは?

ほうれん草の保存のコツは、キッチンペーパーで包んでポリ袋に入れて口を閉じ、根元を下にして立てて冷蔵庫で保存します(保存期間の目安:1週間)。

 

 

ほうれん草の買い方・選び方・見分け方のまとめ

【まとめ】

スーパーで買い物をする時の野菜の選び方は、外見の形や色を見たり、実際に持って重さを計ったり、叩いたり、臭いを嗅いでみたりなど、様々な方法があります。

見分け方のコツをご紹介しましたが、もう一つ大切な事があります。

例えば、コシヒカリなど同じお米の品種でも産地によって味が違います。そこで売り場の店員さんに産地の特徴の味などを聞く事もおすすめします。

お料理作りのスタートは新鮮な食材選びですね。美味しいほうれん草の見分け方を覚えることでスーパーのお買い物や料理を作る事が楽しくなります。

この記事を読んで頂く事で、美味しいほうれん草の選び方を覚えてお買い物の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

●出典・参考・引用

JAタウン

キューピー