【セブンルール】日本初!入場料がある書店『文喫 』副店長・林 和泉

引用【セブンルール】日本初!入場料がある書店『文喫 』「セブンルール」
引用【セブンルール】日本初!入場料がある書店『文喫 』

 

2020年9月8日(火)放送の「セブンルール」(フジテレビ系)

セブンルール【日本初!入場料がある書店『文喫 』副店長・林 和泉】新業態となる本屋「文喫(ぶんきつ)」は出版取次業最大手である日本出版販売が、2018年12月開業。日本初!入場料制による本屋であり、土日は入場規制するほど人気を集めています。

 

文喫 副店長・林 和泉とは?

 

日本初!入場料がある話題の書店【09.08セブンルール】

 

文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋

 

文化を喫する、入場料のある本屋。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。

 

文喫(ぶんきつ)とは

 

〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F

 地下鉄日比谷線・大江戸線六本木駅 3・1A出口より徒歩1分

9:00~21:00(L.O.20:30)

入場料 1,500円(税別) ※土日祝の入場料は1,800円(税別)

 

 

文化を喫する、入場料のある本屋

人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。エントランスでは約九十種類の雑誌を販売。普段はあまり出会うことのできないラインアップも交え、来店されたお客様の新たな興味の入り口となります。また、企画展も定期的に開催します。

 

新業態となる本屋「文喫(ぶんきつ)」は出版取次業最大手である日本出版販売が、2018年12月開業しました。日本初!入場料制による本屋であり、土日は入場規制するほど人気を集めています。

 

入場料1,500円(税抜)

おかわり自由!

珈琲・煎茶付き!

何時間でも好きな本が座って読める本屋

 

客層は、平日は学生から高齢者まで幅広い。土日は遠隔地から来る方も多く、開店以降ずっと入場規制をするほどだ。席数90席、平均3割の客が1冊以上購入し、本の客単価は3,000円以上。客の半数が、有料の飲食もオーダーする。滞在時間は平均4~5時間。

 

 

文喫 副店長・林 和泉のセブンルールとは何?

 

引用:セブンルール 林 和泉

引用:セブンルール 林 和泉

 

林 和泉の7つのルールは

 

1. 1タイトル1冊しか仕入れない

 

 

2. 検索機を置かない

 

 

3. 月曜日は父親とメールする

 

 

4. 仕入れに迷ったらTwitterで検索する

 

 

5. 常にしおりを持ち歩く

 

 

6. 煮詰まったときはみじん切りをする

 

 

7. とにかく多くの本に触れる

 

 

 

「セブンルール」の「おひとり様TV」関連ブログ

 

塊肉専門店「お肉ジャパン」片根淳子!動画あり!

 

富永愛【セブンルール】8年ぶりにパリコレに挑戦!

 

 

 

●出典・参考・引用

【公式】セブンルール