個人用おすすめパルスオキシメーターを紹介!選び方と適切な使用法を解説

「パルスオキシメーター」お役たちTV情報
「パルスオキシメーター」

この記事は、個人用おすすめパルスオキシメーターを紹介!選び方と適切な使用法を解説していきます。

 

『パルスオキシメーター』って何?

 

皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむことで測定します。 肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して(経皮的に)調べた値です。プローブにある受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示します。

 

詳しくはこちら日本呼吸器学会のHP

404 Page not found|一般社団法人日本呼吸器学会
404 Page not found お探しのページは見つかりませんでした。

 

 

日本人医師がコロナ感染確認に個人用「パルスオキシメーター」を利用!

NY市内の病院勤務の日本人医師(49歳)がコロナウィルスに感染しているかどうかを確かめる為に利用したのは「パルスオキシメーター」です。「パルスオキシメーター」で肺の異常を確認してコロナに感染している可能性が高いと判断したみたいです。パルスオキシメーターで新型コロナウイルスの感染判断はできます。

 

パルスオキシメーターで新型コロナウイルスの感染判断はできるのか?

 

日経XTCEHの記事

 

新型コロナウイルスへの感染をスクリーニングする手段として、初期症状としての体温チェックと、患者が感じる「だるさ」という主観的な基準に頼っているのが世界の現状だ。日本では「体温37.5℃以上が4日間連続しているケース」という判定基準を設けている。

果たしてスクリーニングには、体温とだるさのチェックだけで十分だろうか。新型コロナウイルスに起因する疾病は、肺などの呼吸器系を侵すことが分かっている。体温とだるさだけで呼吸器疾患を見抜くことは難しく、基礎データとしてその根拠になり得ないと考える。

 

詳しくはこちら

新型コロナのスクリーニングに、日本生まれの「あの機器」活用を
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るっている。医療機器の供給を支援する立場の自分にも、何かできることはないかと考えてみた。思いついたのが呼吸器疾患を比較的簡易な方法でチェックできる「パルスオキシメータ」の活用だ。

 

 

パルスオキシメータの選び方と適切な使用法?

選び方

パルスオキシメータは医療機器です。現在、様々な機種が販売されていますが、測定精度が開示され、医療機器認証を受けている機器を正しく選びましょう。また、購入に際しても高度管理医療機器販売業許可を持った販売業者から購入しましょう。

 

使用方法

指先で測定するタイプのパルスオキシメータなら、指先に挟むだけで採血することなく簡単にSpO2がわかります。

 

パルスオキシメータの注意点は?

コニカミノルタのHPの「パルスオキシメータ」の注意喚起

~新型コロナウイルスに関して~

パルスオキシメータの数値によって、新型コロナウイルスの感染判断はできません。病状の重症度の判断には有効で、急性呼吸不全を起こす可能性のある慢性疾患患者様の日常管理や、医療機関・介護施設などでの患者様・入所者様の病状判断に重要な製品です。

急性呼吸不全を起こすリスクの高い家族がおられない一般家庭で、パルスオキシメータを感染予防目的のために購入されることはお避け下さい。本当に必要な方への供給を優先いただきますよう、お願い申し上げます。

 

パルスオキシメータ知恵袋 基礎編 | コニカミノルタ

 

おすすめパルスオキシメーターは?

 

パルスオキシメーター | Amazon | アマゾン
ホーム&キッチン の優れたセレクションからオンラインショッピング。

 

dretec(ドリテック) パルスオキシメーター

dretec(ドリテック) パルスオキシメーター OX-101WTDI オリジナルカラー ケース付き 酸素濃度計 医療用 家庭用 国内検査済み 一年保証 医療機器認証取得済

 

【自治体採用モデル】dretec(ドリテック) パルスオキシメーター 医療機器認証取得 一年保証 赤色LED画面 血中酸素濃度 spo2 医療用 家庭用 クリップ式 看護 介護 国内検査済 電池付き ストラップ付き ブルー
血液の中にどれだけ酸素が含まれているかを測定するパルスオキシメーター。 指にはさむだけで酸素飽和度(SPO2)と脈拍を簡単に測定することが可能です。 病院でも使われているように体の状態を把握するために欠かせないものであり、運動前の体調管理や在宅介護、登山時の高山病の目安など幅広い用途で活躍できます。 持ち運びに便利なス...