【宅配ボックスのサブスク】月々定額制で宅配ボックが使い放題のサブスク

【宅配ボックスのサブスク】月々定額制で宅配ボックが使い放題のサブスクサブスク比較
【宅配ボックスのサブスク】月々定額制で宅配ボックが使い放題のサブスク

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスの意味です。

サブスクとは何?「サブスク」意味とメリットは?

厳選!おすすめサブスクリプション比較 【70カテゴリー・300社以上】はこちら

 

宅配ボックスのサブスクとは?

 

宅配ボックスのサブスクとは、月々定額制の料金を支払うことで会員制になり、宅配ボックスサービスを利用できるサブスクリプション方式のサービスの意味です。

 

IoT宅配ボックスサービスのサブスク

 

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

 

ソフトバンクが初期費用無料の宅配ボックスサブスクを事業化へ!

 

ソフトバンクは、IoT宅配ボックスサービスの事業化に向けた取り組みを開始する。

 

パナソニックとビットキー両社が共同開発したIoT宅配ボックスを用いて実証実験を行ない、2020年度内の事業化を目指す。

 

主に一戸建ての居住者向

 

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

 

同事業では、主に一戸建ての居住者向けに、初期費用不要のサブスクリプションモデルによるIoT宅配ボックスサービスを提供する。

スマートフォンアプリを使ったBluetoothによる解錠機能がある。

集荷を伴う他のサービスとの連携なども視野に入れ、住宅業界や家庭向けインフラ業界と協力した販売活動などを検討していく。

今回の実証実験は、ソフトバンク社員を対象にIoT宅配ボックスと専用アプリを提供。

システムの実用性やユーザーの利便性を検証する。

 

宅配ボックスはパナソニックとビットキーが共同開発

 

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

引用:softbank【宅配ボックスのサブスク】

 

使用する宅配ボックスはパナソニックとビットキーが共同開発。

アプリとBluetoothで連携して操作することで、解錠できる。

アプリは、解錠のほか荷物の配達予定日時や配送状況の確認も可能。

 

宅配ボックス本体はパナソニックが開発。

ビットキーのデジタル認証技術「bitkey platform」を採用。

ソフトバンクはアプリの開発や事業化の検討などを担当する。

 

実証実験(予定)

 

実証実験の概要

  • 期間:2020年9月上旬~11月上旬(予定)
  • 対象者:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県に在住するソフトバンク社員

 

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

こちらの記事も併せてご覧ください

置き配ボックスのおすすめは「OKIPPA(オキッパ)」は盗難保険も有!

 

 

●出典・参考・引用

softbank